2007/11/29

日光へ行ってきました

りょうもう号先週3連休の中日に、日帰りで日光と鬼怒川温泉に出掛けてきました。

新宿より「スペーシアきぬがわ」に乗車。自宅からですとむしろ浅草の方が近いのですが、新宿発のスペーシアに乗るのが今回の目的のひとつでもあったので(笑)。鉄的には大宮を出て東武野田線の電車を一気に追い抜いて走ったり、久喜で「りょうもう」と並んで走ったり(写真)とこちらはJRの路線を走りつつ東武の車両同士が併走するというなかなか興味深いシーンが見られます。もち、栗橋でJRから東武の線路へと移動する区間も目が離せず。

神橋そんなこんなで、久しぶりに日光へやってきました。

ゆるい坂道を歩き、神橋(写真)に到着。現在橋が有料で公開され往復出来るようになっていたので橋を歩いてきました。神橋からの大谷川を眺めたほか、橋のすぐ隣にかつて走っていた路面電車の橋脚が残っているのも忘れずにチェック。

陽明門東照宮(写真)は予想以上に混雑がすごくて混雑で進むに進めず、あまりゆっくり見ていられなかったのが残念。明らかに人の量が境内のキャパシティを超えていて、眠り猫の先にある奥宮へは長蛇の列が出来ていて一行に前に進めず途中で諦めて引き返しました。それにしても小学生の頃に来たはずなのに神厩舎(見ザル・聞かザル・言わザルの彫刻がある建物)と陽明門、眠り猫の位置関係が全く記憶に残っておらず、今回訪れて改めてその存在位置を認識。

おみくじがいっぱいそして、東照宮の隣にある二荒山神社にもお参り。おみくじが笑えるくらいたくさん並んで(写真)いました。

鬼怒川温泉駅再び東武日光駅前に戻って土産物屋で時間をつぶした後、鬼怒川温泉へと移動。日帰りの予定だったので駅から歩いて行けるホテルで日帰り入浴をした後に、残席2となっているところをゲットした特急「きぬ」(写真右)で浅草に帰ることにしました。温泉は広々として良かったですが、まだ7時前だというのに駅前を始めとして店がどこも開いていなくて夕食はやむを得ず駅前のコンビニで食料を調達する羽目に。こういう所は宿泊するならともかく、夕方になってから来るもんじゃないですね。

駅前もほとんど人がいなくてさびしい限りでしたが、鬼怒川温泉から乗った帰りの特急電車はいつの間にか席がすべて埋まり、賑やかになって一路浅草を目指して進んでいきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/11/02

そうだ、京都行こう2

阪急嵐山駅折角長岡京まで来たので、朝のうちに一人で阪急嵐山線(写真)を1往復。この日は朝から雨でした。嵐山駅は嵐電の駅とは桂川を挟んで離れた所にあり、地図を見ると嵐電・阪急・トロッコが全く別々の場所に「嵐山」駅を設けているのが分かります。

清水寺2日目は長岡京駅より京都に出て、バスで清水寺(写真)へ向かいました。路線バスを利用するとバス停からひたすら上り坂を歩いて行くという苦労が味わえます(笑)。ご多分に漏れず清水寺も観光客で大賑い。清水の舞台からは遠く京都タワーなども見渡せました。

音羽の滝音羽の滝(写真)には雨の中、学問成就・恋愛成就・延命長寿の御利益にあやかろうとする長い列が出来ており、前を通り過ぎるだけでパス。

平安神宮清水寺を後にして、続いてバスで平安神宮(写真)へ。「京都会館美術館前」という、一見神社と無関係な名前のバス停で降りると巨大な鳥居が。境内に入ると、修学旅行で見覚えのある朱を基調とした社と広々とした敷地が目の前に広がります。

ケーブルカー平安神宮から先の予定はあまり考えていなかったのですが、叡山電車で比叡山や鞍馬寺へ足を運ぼうと思い、京阪電車で出町柳へ。フリー切符を買い求め、電車で八瀬比叡山口へ行き、さらにケーブルカー(写真)とロープウェイを乗り継いで比叡山山頂へと向かいました。

残念ながらケーブルカーの終点に着いた時点で既にあたりは霧に包まれており、頂上は辺り一面白の世界でした。

パノラマ電車比叡山を引き返し、宝ケ池駅からパノラマ電車(写真・鞍馬駅)に乗って今度は鞍馬方面へ。比叡山口行きの電車とのグレードの差から判断するに、叡山電車は鞍馬方面の輸送の方に力を入れているような感じがしますな。

市原駅途中で千葉県市原市には無い市原駅(写真)に停車します。
昔「市原駅を駅すぱあとで検索したら京都に連れていかれた。」と言われた事がありましたっけ。

鞍馬山からの眺め鞍馬駅より鞍馬寺へと向かい、境内にあるケーブルカーに乗って拝殿へと向かいます。山を登った先にある展望台からは雲を眼下に望む(写真)ことが出来ました。

京都タワー鞍馬から再び京都市街に戻り、辺りはすっかり暗くなって閉門後だった京都御所を経由、京都旅行の最後は京都タワー(写真)に上って夜景を見物。夕食を取った後に東京へ戻る最終のぞみの1本前に乗って、帰宅の途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/21

そうだ、京都行こう1

JR東海のCM見ると「そうだ京都行こう」ではなく、「そうだ京都行こう」が正しいコピーなんですね。

京都もこの連休は当然のことながら大勢の観光客が訪れているはずで、ホテルは何処もかしこも満員。電話をかけまくった結果、2日目は隣の長岡京まで足を延ばしてなんとか宿を確保しました。荷物は既にまとまっているので、パスポートだけ置いてそのまま出発します。

かくして、乗れなかった台湾新幹線の代わりに東海道新幹線のぞみ号で京都へ。ほとんど計画も立てずに出発したので、翌日のプランは新幹線の中で決めました。京都に着いた後、嵯峨野線の電車で二条まで移動し、ホテルで一泊。

嵐電翌日はホテルを出発後に四条大宮へ移動し、嵐電(京福嵐山線)(写真)で嵐山へと行きます。トロッコ列車に乗ろうと切符を買い求めましたがあいにく直近の亀岡行は全席売り切れだったので、一旦JRで馬堀に出た後、トロッコ亀岡駅から嵯峨に戻る便に乗ることにしました。

渡月橋……ということにしても時間があるので、それまでの間渡月橋(写真)付近を散策してました。

トロッコ列車JR嵯峨嵐山駅に乗って馬堀駅に向かい、トロッコ亀岡駅に移動。大混雑の亀岡駅からトロッコ列車(写真)で保津峡を下りながら嵯峨に戻りました。残念ながら区間の大半が川とは反対側になる席でしたが、乗ったのは「ザ・リッチ」という屋根も透明なら足元も金網張りで座席から下の様子が眺められるという車両。保津峡駅から嵐山にかけて、座席側に移った保津峡を下る川下り船と並行して走ってゆきました。

金閣寺トロッコに乗って嵯峨に戻り、再び嵐電に乗って今度は北野白梅町に行きます。駅から大混雑のバスに乗り、修学旅行以来の金閣寺(写真)へ。修学旅行の時は観光バスに乗せられるがままに訪れていた金閣寺の地図上の位置を、今回初めて正確に認識しました。

金閣寺は外国人観光客でいっぱい。ガイドブック等の4か国語標記(日英中韓)はもはや当たり前のようで、そこかしこで英語や中国語が飛び交っていました。

向月台そして金閣寺よりバスで銀閣寺へ移動します。このルートは観光の定番なためか、バスは観光客で大混雑な上に乗り降りに時間がかかり、なかなか発車できません。

銀閣寺は銀のくせに(?)金閣寺より入場料が100円高かったのですが、それはきっと非常に美しく手入れが行き届いた庭園の維持費なのかな。銀沙灘(ぎんしゃだん)の砂紋や向月台(写真)などのひとかけらの乱れも無い整えられ方は見ていて感動もひとしおなのですが、思わず「思いっきり壊してみたい」という衝動にも駆られるから困ったもの(笑)。

予定ではさらに清水寺へと向かおうとしたのですが、清水寺に向かうバスのバス停は長蛇の列。しかも予定時刻を過ぎても一向にバスが姿を現す気配が無く、日も傾いてきたので明日改めて行くことにしたのでした。

くずきり代わりに徒歩と電車で四条駅へと出て祇園の界隈を散策。鍵善良房本店にてくずきり(写真)を食べたり、八坂神社でたまたま出会った舞妓さんと記念撮影をして京都の夜の一時を過ごしました。その日は夕食後河原町から阪急電車に乗り、途中大宮でコインロッカーに預けた荷物を回収して長岡天神駅前に取ったビジネスホテルに1泊しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/10/17

台湾に行けなかった話

10月3連休に予定していましたが、台風のせいでものの見事に頓挫してしまった台湾旅行。折角なので成田空港での貴重な体験をまとめておきます。

せめて早朝に欠航が決まっていればまた違った対応が取れていたと思いますが、台風直撃が時間の問題となった当日朝になってもJALホームページの情報は「時刻通り運航予定(着陸地変更や引き返しの可能性あり)」のまま。仮に台湾にたどりついても空港かホテルで缶詰になる恐れが高そうですが、とにかく成田空港へと出掛けました。

成田空港は3連休初日とあって旅行客でごった返していました。もちろん他の国は天候の影響も無く至って平和なのですが、「台湾行の日本アジア航空は第2便以降欠航の可能性が高いため、チェックイン手続きを見合わせます。」という放送が空港に着いて程なく入ります。

実は今回、4人の券を変更の出来ない格安航空券で第1便を2席、キャンセルが取れずにマイレージの特典航空券で第2便を2席予約していたのでした。通常であれば、最悪このままでも別々に行って現地で待ち合わせればいいと考えていたのですが、今置かれている状況はもしかしたら第1便だけ台湾に行ってしまうという最悪よりも悪い(ん?)状況。やむを得ず、ダメもとで特典航空券分は第1便のキャンセル待ちをかけ、ダメなら全てキャンセルという道を選択しました。格安航空券の払い戻しは全く無いと言われましたが、やむを得ません。

搭乗者の確定が出発20分前とのことなので、それまでしばらくキャンセル待ちカウンターで成り行きを見守ります。もう朝食を食べている時間もなく、そうこうしているうち館内放送で、台湾行きは第2便以降全て欠航が決まったとアナウンスが入りました。

そして出発20分前になりカウンターで状況を尋ねると……キャンセル待ち以前に、第1便も欠航になったとの案内が。先程のアナウンスの直後だったので念のため確認すると、確かに状況が変わって第1便も飛べなくなったとのことでした。ホントに出発直前での決定だったので、搭乗口まで行って欠航を知らされた人がほとんどなのでは。

かくして格安航空券は全額払い戻しとなり、5年ぶりの台湾旅行は成田空港の出発ロビーにてあえなく終了致しました。

半ば放心状態で、でも折角なので新しい第1ターミナルへ移動して遅い朝食。台風上陸と行っても遠い国での出来事なので、穏やかな天気の成田空港では実感はちっとも沸かず。しかし第1ターミナルでも平常運航の便ばかりの中、エアーニッポンの台北行だけが「欠航」となっており、改めて今置かれた状況を実感したのでした。

朝食後一旦帰宅。しかしばっちり旅行の準備をしたというのに、このまま何もせず連休を過ごすのは悔しい。ましてや義妹さんと姪っこはわざわざ茨城から来ているというのに。そんなわけでさすがに海外は無理なのでせめて国内で行けそうなところを探したのでした。

「そうだ、京都行こう」(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/07

そうだ京都に行こう

そうだ京都に行こう
台湾旅行がおじゃんになったので、勢いで京都に行くことにしました。
嵐電で嵐山にでて渡月橋に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/24

さて問題です。

品川に停まるのは東海道新幹線、
大宮に停まるのは東北・上越新幹線、
では、板橋に停まるのは何新幹線でしょう?


……正解は、台湾新幹線です(笑)。

ということで、開業からはや2年ほど経ってしまったこの秋10月に、新幹線を訪ねて5年ぶりに台湾に出掛けてまいります。

一時期毎年通っていた時期もありましたが、思えばこのココログを始めた以降は1回も足を運んでいませんでした。オレンジ色ののぞみ号(?)に乗って高尾じゃなかった高雄まで往復してくる他、新営という場所にあるさとうきび運搬専用貨物線が観光鉄道としてトロッコを走らせ始めたとのことなので、乗りに行ってくる予定。

ツアーでも無いのに妻の他に、義妹と姪っこまで連れて行くことになってまして中国語もロクに話せないというのにちょっとドキドキです。既に航空券はもちろん台北と高雄の宿は予約済みですが、高雄の宿はネットで申し込んだ後に返事が現地からたどたどしい日本語の国際電話がかかって来ました(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/03

高知旅行 - 桂浜とはりまや橋と高知城

はりまや橋高知旅行の最終日。半日かけてはりまや橋と桂浜、高知城に足を運んできました。

はりまや橋は市街地の真っ只中にあります。既に川は埋め立てられており、以前訪れた時は見落としがちな欄干だけが残されていました。そんなわけで「三大がっかり名所」などと揶揄されていたりもしたのですが、そんな状況を打破しようとしたのか、今回訪れたら親水公園とともにこんな太鼓橋(写真)が造られていました。ま、これも取って付けた様な建造物と言われればそこまでですが、記念撮影の対象に出来そうなものがあるだけマシ。実際橋をバックに記念撮影をする観光客が何組かおりました。

桂浜そして桂浜の方は高知駅から桂浜行きのバスに乗り、ひたすら南下して40分程で到着します。桟橋通5丁目までは路面電車の通じている道を走るので、行き帰りに路面電車と組み合わせて訪れることも可能。

バスターミナルから海に出るには何処を通っていったらいいのかよく分からなかったのですが、坂本龍馬の像のある広場を経由したら海へ出る事ができ、そこには広々とした砂浜(写真)が目の前に広がります。朝方降り続いていた雨が上がり天気はまあまあでしたが、波が高めでした。

竜王宮展望台から見る海の眺め。眼下に竜王宮(写真)があります。

高知城桂浜からまた高知市街へ戻り、土佐電鉄の高知城前停留所より歩いて高知城(写真)へ。

天守閣城の中に入る事ができ、城の中の部屋の様子や当時の城の様子を模したミニチュアの展示などを見て回る事が出来ます。そして展示物を見つつ天守閣のてっぺんまで行くと、そこからは高知の街(写真)が一望。豆粒のように小さいですが、路面電車が街を走る様子も見る事が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

高知旅行-土佐電鉄3

高知駅前少し間が空いてしまいましたが、高知旅行と土佐電鉄の話の続きです。
残る南北に伸びる路線は東西の路線に比べてごく普通(?)の路面電車の路線です。

起点の高知駅前(写真)はJRの駅を出てすぐのところ。以前訪れた時と停留所の位置が変わったような。

桟橋通2丁目停留所はりまや橋を渡り、道路上の真ん中をまっすぐ進んでいきます。桟橋通○丁目という停留所がいくつも続く路線。停留所の間隔も比較的短めです。写真は桟橋通2丁目付近からはりまや橋方面を写したもの。次の桟橋通1丁目の停留所がすぐそばにあります。

車庫桟橋車庫前の停留所そばには停留所の名前の通り電車の車庫(写真)が。

広告用の電車
翌日は電車まつりというのがあるらしく、桟橋車庫前の停留所から車庫に帰っていく広告用電車(写真)の姿が見えました。

桟橋通5丁目そして終点桟橋通5丁目は道路を挟んで目と鼻の先(写真)です。錆びれたポールと見落としそうなプラットホームがあるだけでただの折り返し場所と思われそうな停留所。

桟橋通5丁目
多分普通に利用する分には桟橋車庫前の利用で十分事が足りてしまうと思いますが、乗りつぶしを目指す方は末端区間の乗り忘れにご注意を。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/05/27

高知旅行-土佐電鉄2

大橋通付近
はりまや橋から、さらに西へと電車は走ります。

鏡川橋まではごく普通の(?)路面電車の路線。道路の中央を複線の線路が真っすぐ伸びます。途中芝生敷きの軌道(写真)があるなど多少の変化も。

鏡川橋停留所少し街から外れてくると、一部の電車が折り返しとなる鏡川橋停留所(写真)に到着。ここから線路は単線となり、鏡川橋を渡ります。

鴨部停留所橋を渡った直後、こんな狭い路地を走る(写真)土電。電車は道路の片側を相互通行し停留所は道路にペイント書き。さらに伊野の方から来た車は停留所の右脇を抜けるのを指示する矢印が書かれており、車は一体何処を走っていいんだか一瞬わからなくなること請け合い。きっと鉄道が出来た当初は車がここまで幅を効かせる時代が来ることを想定していなかったんじゃないかと推測。

曙町停留所狭い道路ながら、行き違いの出来る場所(写真)はしっかりと用意。

宇治団地前停留所
狭い路地の区間を抜け、朝倉駅前からは後免町側の路線と同じく道路脇の半専用軌道上(写真)を走ります。相変わらずの単線は終点まで続きます。

伊野停留所JR伊野駅前の通りに面した場所にも受けられている伊野駅前停留所を過ぎるとすぐに終点の伊野(写真)に到着。はりまや橋からここまで所要時間は随分かかり、さすがに帰りはJRに乗って高知まで戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/15

高知旅行-土佐電鉄1

土電後免町停留所高知を東西南北に走る土佐電鉄(土電)。鉄ちゃん的には特に東西に伸びる路線がとても楽しめる路線です。1日乗車券もあります。

ごめん・なはり線の駅に隣接する土電後免町停留所(写真)。以前はバスターミナルなどもっとゴチャゴチャしている印象がありましたが、今は隣にコンビニがあるだけで後は広々とした駐車場のみ。妙にすっきりしています。

アンパンマン電車停留所で待っているとアンパンマン電車(写真)登場。やなせたかしワールドはこの路線にも健在。停留所の事務所は休日で閉まっていたので、1日乗車券は運転士さんから買いました。

ノーガード停留所後免東町を出ると道路上へ、そして道路の端の専用軌道へと出ます。道路との間に十分なスペースが取れず、後免町方面電車の乗降スペースが道路に描かれただけの「ノーガード停留所」(写真右側の緑のスペース)(車内放送での表現)になってしまっている所も。降りる時も要注意ですが、電車待つ時もこんな所で待つの?

一条橋と清和学園前1土電には距離の短い停留所が何カ所かありますが、その中でも隣接駅マニア(っているのか?)感動ものの停留所が小さな一条橋を挟んで位置する「一条橋」(写真手前)と「清和学園前」(写真奥)。駅間距離は僅かに84m、停留所の端から端まで平行する道路を歩いたら60歩しかありませんでした。

一条橋と清和学園前2この近距離に2駅設けた理由はそれなりにあるとは思いますが、いずれにしてもよそ者には理由を知る由もありません。

低床車高知市市街へと入り、文珠通からは今はやりの低床電車(写真)の姿も。

はりまや橋高知市の中心・はりまや橋(写真)では南北に伸びる路線とクロス。高知駅方面へはここで乗り換えです。交差点の両側に停留所があり、東側が「デンテツターミナルビル前」西側が「はりまや橋」になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)