« Jリーグ1st 市原1-2神戸 | トップページ | 「1日」の読み方 »

2004/03/14

東武ローカル線の旅

本日は東武小泉線・佐野線と伊勢崎線の末端区間を巡る旅行をしてきました(写真左は伊勢崎駅)。

まずは錦糸町から準急の乗り継ぎで伊勢崎へ。……しかしひとこと準急といっても東武動物公園からはひたすら各駅停車。ちんたら走って錦糸町から実に3時間近くかかり、死にそうになりました(笑)。朝から出掛けたというのに伊勢崎でもう昼食です。


折り返して太田へ。太田は高架工事の真っ最中で、小泉線だけが高架上にホームが移っていました。その小泉線に乗ってたった2駅の東小泉へ。乗車時間より太田で待っていた時間の方が長かった。さらにのどかな東小泉で乗り換え、西小泉(写真右)へと行きます。東小泉から2駅だけ飛び出た中途半端な感じの路線ですが、ここから先利根川を渡って熊谷線(既に廃止)と繋がる予定があったようです。西小泉から先、小泉線の延長上に利根川まで緑道が続いているのがその計画倒れの名残らしい。ちなみに鉄道で結ぶはずだった熊谷へはバス路線がありました。


その後、小泉線を戻って館林から佐野線へと進みました。かつてはここで貨物輸送をやっていたのか、銘板をはがされて放置されている(?)電気機関車を途中で見つけました。そして終点の葛生はその先貨物線が延びていたようですが、今じゃすっかり線路だけはがされて写真右のような路盤と架線だけが残された寂しい状態になっていました。

さすがに帰りは準急で帰るのは嫌だったので、館林より特急列車に乗って帰りました。

|

« Jリーグ1st 市原1-2神戸 | トップページ | 「1日」の読み方 »

コメント

東武鉄道の未乗区間をクリアして、「東武鉄道全線踏破」を目指した
のでしょうか? それとも伊勢崎や佐野・葛生方面に何か目的があった
のでしょうか? いずれにしてもお疲れさまでした。

東武伊勢崎線と高崎線(大宮以南は東北本線)は、直線距離で
10〜20キロのところを付かず離れず走っているんですよね。
もしも小泉町から熊谷まで線路が繋がっていたら、東武伊勢崎線は
現在程の発展をしていなかったかも知れませんし、逆に高崎線は
現在とは違う混雑解消の対策を強いられていたかも知れません。

そういえば、東武鉄道の貨物輸送は昨年秋(10月か11月)で
廃止となりました。
Pチャンが見た電気機関車は、「お役御免」となった機関車が
運命の瞬間が来るのを待っている姿だったのでしょう。
子供の頃は葛生の先から業平橋のセメント工場までやってくる
貨物列車や牛田駅構内で入れ替え作業をしている機関車を良く
見たものですが、もう遠い昔の話なのですね⋯⋯。

投稿: YS | 2004/03/16 01:52

訂正です。
東武鉄道の貨物輸送廃止は、昨年九月末日でした。
失礼しました。

投稿: YS | 2004/03/16 02:14

もちろん1日で小泉と葛生に用事があるわけもなく、東武線走破が目的です。当然の事ながら、妻が帰省して留守の時を狙って旅行しました(笑)。

貨物廃止は割と最近のことなんですね。という事は葛生の先の線路もその時までは残っていたのかも。

小泉線に乗ってしまうと、その小泉線と繋がる予定だった熊谷線の跡も辿ってみたくなりますが、手持ちの本によればほとんどが道路になってしまったらしい。あまり面白味は無いのかな。

投稿: P | 2004/03/17 00:08

葛生から先の貨物線は、昭和末期に廃止となりました。
(ゴメンナサイ。 何年かは分かりません。)
夫々の鉱山から山を下りてきた貨物線は、葛生の手前で
合流します。 そこには上白石という貨物駅があり、
葛生〜上白石貨物駅間は貨物線廃止後も暫く使用され、
平成9年九月末日で廃止となりました。

Pチャンが撮影したのは葛生から上白石貨物駅へ
向かう廃線跡ですね。
廃止されて6年半が経とうとしていますが、随分
綺麗に残っているのですね。
廃線跡探訪をしたら楽しそうですね。 (^^)

投稿: YS | 2004/03/18 00:59

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東武ローカル線の旅:

« Jリーグ1st 市原1-2神戸 | トップページ | 「1日」の読み方 »