« ジェフ市原2-2FC東京(16日) | トップページ | Unicodeで你好 »

2004/06/18

ワン切りでないワン切り電話

ハイパーさんのココログからのトラックバックですが、ここで紹介されている番号が私の携帯にもかかってきたことがあります。

その時もワン切りどころかすぐには切れず、「伝言メモ」が作動するまでかかりっぱなしでした(さすがに伝言は入っていませんでしたが)。きっと今となっては1回で切れると「ワン切り」と思われるのがオチですが、数回コールすれば誰だか分からないけれどもしかして用事があっての電話? と思ってかけて直してくるのを狙っているのでしょうか。

それで思い出した事がひとつ。以前同じ番号から2回くらい間違い電話がかかってきたことがありました。その時は「○○さん(←私じゃない名前)ですか?」という第一声に間違い電話と信じて疑わなかったのですが、その番号主ときたら早朝という電話をかけるには非常識な時刻にも着信履歴を残した実績があり、もしかするとその手の業者だったのかも。長めにコールして、もし相手が電話口に出た場合は「間違い電話を装う」みたいな。

ま、疑い出したらきりが無いですが、少なくとも携帯にかかってくる相手不明の電話は、「ワン切り」であっても無くてもかけ直さない方が懸命のようです。

|

« ジェフ市原2-2FC東京(16日) | トップページ | Unicodeで你好 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20962/794981

この記事へのトラックバック一覧です: ワン切りでないワン切り電話:

« ジェフ市原2-2FC東京(16日) | トップページ | Unicodeで你好 »