« 日本 vs ハンガリー | トップページ | ついに10万アクセス突破 »

2004/10/10

さよなら特急「すいごう」


湘南新宿ラインの増発や千葉でも新型特急列車が登場するなど、ちょっとした動きのある今週末のJR東日本ダイヤ改正。そんな今回の改正でこの特急「すいごう」は姿を消すことになりました。

元々昭和57年の登場当時からあまりぱっとしない特急ではありました。それまで千葉県内を走っていた急行列車を全て特急化することで成田線回りの特急列車として登場したのですが、佐原までは「あやめ」・銚子へは「しおさい」があり、両方の特急を補完するような運転で当初から1日2往復だけ。しかも両国始発(その後東京発着になったようですが)という状況でした。

しかしその後「あやめ」もバスに乗客を取られて本数激減、すいごうや「ホームタウン成田」共々どれも1往復となってしまい、今となっては通勤客相手の短距離輸送がメインになってきているので、それならば名前を統一した方が良いと判断したのでしょう。ダイヤ自体は残るようですが全て「あやめ」に吸収される形で「すいごう」は無くなることになりました。

実は「すいごう」登場初日、当時中学生だった私はその電車を学校の窓から見ていたというちょっとした思い出があります。でも見ただけで結局22年間1度も利用することなく終わってしまいそうです。

|

« 日本 vs ハンガリー | トップページ | ついに10万アクセス突破 »

コメント

はじめまして。SATOと申します。mattohさんのTBより参りました。よろしくお願いします。
すいごう、急行時代の水郷は何度も見ましたが特急で見たのはなんと消滅2日前という状態でした。確かに地味な特急ですね。

房総(総武)は歴史を紐解くとしょっちゅう優等列車の名称変更をしています。ですから時期を改めてまた出てくる。なんてことがあるかもしれませんね。

投稿: SATO | 2004/10/22 09:01

22年間残ってたというのは、地味な特急にしては長く続いた方なのかもしれませんね。
今度はそのうち快速で登場したりして。

投稿: P | 2004/10/23 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら特急「すいごう」:

» さよなら 特急すいごう号 [mattoh]
 昨日は仕事の帰りに都心へ出ました。久しぶりに以前紹介した、麻布十番にある海南鶏 [続きを読む]

受信: 2004/10/12 23:04

« 日本 vs ハンガリー | トップページ | ついに10万アクセス突破 »