« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/29

脂肪肝

先日受けた検診の結果が帰ってきました。

今までと違って病院で半日かけての精密検査だっただけに、これまで見落とされていた異状ももしかしたら見つかるかとは思ってましたが、いつも通り視力が低い以外は至って健康……を期待していたらひとつだけ「脂肪肝の症状あり、1年後の検査が必要」の判定が帰ってきました。

「要再検査」状態なのですぐさま深刻な状態になる訳ではないのですが、早速HPで調べてみました。
脂肪肝は肝臓の周りに脂肪が付くという症状。症状改善のために心がける点としては、

・糖質を控える
・アルコール類を控える
・タンパク質をとる
・規則正しい食事
・脂肪を控える:揚げ物を控える
・運動をする
・寝る前は食べない

逆に言えば近年これらのことが守られていなかったということで、思い当たる節がぞろぞろ(^^;)

早速今日より1年後の症状改善を目指し、極力努力いたします。とは言え最後の項目は仕事で帰りが遅いとどうしようも無いんですけどね……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/28

「ジェフ市原」ラストゲーム

ジェフ市原2-1ジュビロ磐田

「ジェフ市原」の名前(呼称)で行う試合も今日が最後。

レッズの優勝が決まり、多勢の関心は専らJ1残留争いの方かと思いますが、ジェフもジェフで結果次第で上位に踏みとどまれるかが決まるそれなりに大事なゲーム。今日は私もセカンドステージになってようやく市原臨海へと足を運びました。ちなみに席は市原臨海での観戦で一番多く足を運んだA自由席に今回も座りましたが、この「A自由席」という名前も今日が最後。来年からは対面の席と合わせて、臨海・蘇我共々「コーナー自由席」という名前に変わるようです。

今年最後の試合ということもあってか本日集まった入場者数は臨海にしては多い1万2000人。遠路はるばるやって来たジュビロサポーターの多さにも助けられた感じで、チームは不振だというのに頭の下がる思いです。試合前にジェフサポーター席の前で来年のイヤーブックの写真撮影がありました。

選手入場の時にサポーター席にビッグフラッグが上がるのはおなじみになりましたが、対面の自由席にもいつの間にか狭いスペースを有効活用してこんなユニフォーム型のフラッグが(写真)。

試合の方は比較的ジェフの方が優位にボールを運んでいましたが、ピンチの場面もしばしば。それとボールの競り合いでジュビロの選手が倒れる場面が多く度々ファウルに。隣のオヤジがエキサイトして「ヤマハ!すぐ倒れやがって」と騒いでいたのには笑えました(でも酒臭かった。スタジアムで焼酎飲むのは程々にしてね)。そしてついには前半40分にPKを与えてしまい先制点を許します。ところがその直後に佐藤が一瞬の間にオーバーヘッドキック(?)でゴールを決めてすぐ同点。嫌なムードを吹き飛ばして前半終了。

後半になっても比較的ジェフのペースで開始5分でゴールを決め逆転。その後は惜しいシーンも危ないシーンもあったものの得点には至らず。最終戦を無事に勝利で飾りました。

そしてガンバが負けたため、これでセカンドステージは見事2位確定。試合終了直後に付近の人がすかさず携帯でチェックし騒いでいたのでいち早くガンバの試合結果を知りましたが、場内の放送でも2位確定を告げるアナウンスが流れひときわ盛り上がるスタジアム。ホント、苦しい台所事情と層の薄さの中で立派な成績を収めました。

・・・

で、試合が終わって選手と社長のご挨拶。

社長の「オシム監督の続投に全力を尽くします。」の言葉にわき上がる場内。しかしその直後に「でも、チームは貧乏です!」との素直な発言に思わずどっと笑いが。冷静に考えれば試合中に入場者数1万2千人の発表で沸き上がったり、「チームが貧乏」の発言で笑いが起こったりするのは恥ずかしい限りですが(笑)。その後チームキャプテンの挨拶で阿部が「勝ちましたー!!」のおどけた挨拶の後、ちょっと言葉を詰まらせ、最後は「来年はひとつでもタイトルを取りたい。」と力強く宣言していました。

その後選手・コーチ陣が記念品を観客席に投げつつ場内を1周。そんな様子を見ながらスタンドを離れ、帰りがけに売店で割引セール中のグッズやカレンダーを買ってスタジアムを後にしました。スタジアムにある掲示板を見たら一度は廃止と発表された自由席の「学生料金」が結局据え置きになりましたという知らせ。その他「蘇我スタジアムの見学会参加者募集」などのお知らせも張り出されていました。

というわけで未だかつて無いタイトル取得も市原臨海の不敗記録の延伸も来年以降の「ジェフ千葉」へと持ち越しです。これから選手や監督の契約を巡っていろいろ落ち着かない話が出てくるでしょうがひとまず今シーズンは終了。天皇杯も早々と終わり(涙)ジェフの試合は今年はもう終わりなので、今年の残りはもう一つの「千葉チーム」柏レイソルのJ1残留と、鹿島アントラーズの天皇杯での健闘を願いつつ過ごそうと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェフ市原最終戦

ただ今市原臨海競技場に来ています。今日はジュビロ磐田戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/27

徹夜勤務

金曜夜から土曜の早朝にかけて、久しぶりに徹夜勤務をしてきました。
徹夜勤務といってもトラブル対応だったわけではないので気分は楽でしたが。4時前には仕事が終わってしまったので、さっさとタクシーで帰ってきてしまいました。たまたまカードの使えるタクシーに当たって、マイルも貯まってしまいラッキー。

家に帰って寝たのは5時くらいですが、起きたのは11時過ぎといつもの休日とあまり変わらず。徹夜した方が時間を有効に活用できるか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/25

死にます


日頃から愛用しているテキストエディタに、非常識な巨大サイズのテキストファイルを読ませたらこんなメッセージが。
初めてこんなメッセージ見ました。「OK」ボタンを押したら予告通りアプリケーションエラーが発生してあっさりと終了。

いきなり終わってしまうアプリケーションに比べればとても律儀です。ま、異常終了には変わりないですが。

ちなみにうっかり読み込ませてしまったテキストファイルのサイズは147メガバイト(笑)。さすがにこんなファイルには対応しきれないか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/24

電卓

先週日曜日に受けた試験は「電卓持ち込み可」の試験でした。試験内容的には電卓よりExcelを使いたいくらいなのですが(^^;)、四則演算機能のみの電卓しか使えないので仕方あるまい。早打ちが要求されるので、大きくて押し易い電卓をひとつ買ってきました。


電卓と言えば、かつて小さい頃に電卓もおもちゃにして遊んだことのある私。今の物に比べればはるかにちゃちな機械でしたが、もちろんちゃんと計算できました。で、数あるキーの中で一番興味深かったのは「√」。なにせ数字の後にこのキーを押すだけで謎な数字が8桁一杯に広がるわけでして。それが「平方根」というものだとなんとなく知ったのは小学校高学年くらいになってからの事でした。あと「÷」の後に「=」を押すと即座にエラーになるのも興味津々。「0で割算は出来ない」という事を意味しているわけですが、他のキーはすぐにはエラーは出ないというのに「÷」だと簡単に出せたりして、小さい頃は「この『÷』の根性無しめ」と思ってみたり。

最近の計算機は当時に比べて随分キーが増えました。「GT」キーなんて何に使うのかと思っていたら、「=で求めた答えをすべて集計していく」キー(Grand Total)だということをつい最近説明書を読んで知りました(笑)。

ちなみに小さい頃あれほど魅せられた「√」キーは、今となっては全くと言って良いほど使わないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/23

ぶっとびハードディスクその後

2週間前に急にパソコンに認識されなくなり、修理行きとなったハードディスクのその後です。

1週間くらい経って修理に出した店から連絡があり、修理センターでパソコンに繋いでみたところちゃんと認識されたとのこと。そのまま精密検査に出すとフォーマットされてしまうらしいので、一旦返却してもらうことにしました。

家に戻ってきたハードディスクを繋いでみると確かに読み込めました。ところが「ブリーフケース」のフォルダを更新してパソコンのデータと同期を取っているうちにまた動作に異常が発生し、パソコンを再起動させると再び認識不能の状態に。実は修理に出す前もこの「ブリーフケース」の操作中に異常が起きていたので、この時点ではブリーフケースの中の同期ファイル(?)が破損して読み込み不能にでもなったんじゃないかと疑っていました(ついでに我が家のマシンはWindows2000でUSB1.1なので、WindowsXPかUSB2.0のマシンだとこの状態でも認識されるとか)。

ところが翌日、ハードディスクに何もしていないのに再びパソコンに認識されるようになり、ここでどうやらハードディスク本体がおかしくなっていると考え直した私。試しに真っ先にブリーフケースを削除、普通のフォルダをいじっていてもだんだん動きが怪しくなり、やがて怪しいエラーが出てくる出てくる。「ファイル名が長すぎで削除できません」(今まで普通に操作できたファイルなのに)「I/Oエラーが発生いたしました」、しまいには「セマフォがタイムアウトしました」。んー、セマフォが時間切れじゃ仕方無いですね……ってセマフォって何やねん!!

で結局、また修理に出すものかったるかったので、おかしくなったハードディスクはそのままにして新しい奴をひとつ買ってきました。今回2年半でめでたく壊れたメーカーのものはとりあえず選択枝から外し(笑)、一回り小さいけれど容量は今までの倍のものを買ってきました。ただいまCD-ROMやパソコン上にあるデータを片っ端から放り込んでいる最中です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジェフ市原3-3FC東京

後半一時は2点のリードをしていたのに、結局追いつかれてドロー。試合はHPの速報でしか追えませんでしたが、ジェフは攻撃力以上に守備力に問題があるんじゃあ……。

しかし今日の試合は3位以下の上位チームが総崩れだったようで、引き分けでも3位浮上。果たして最終戦で3位キープ、あわよくば勝ち点差2のガンバを追い抜けるか。

この時期になるとオシム監督へのインタビューは必ずと言っていいほど「辞めるか、続けるのか」という質問が出てきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/21

消し忘れ?モニター

金曜日のネタですが、東京駅構内を夜遅く歩いていた時、店舗(?)は閉まっていましたがモニターがつけられたまんまになっているのを見かけました。多分営業時間中は案内だか宣伝だかが映し出されていると思われますが、閉店の際にモニター(というか後ろで動いているパソコン)をシャットダウンもしたけど最後に電源を切り忘れたのでしょうか。Window2000のマシンが使われているというのがバレバレ。

以前同じような話で駅の水槽の後ろにあるモニターにパソコンの起動画面が映された状態のままになっているという「魚の後ろの起動画面」というネタを5年前半くらい前に取り上げたことがありますが、この時の画面はMS-DOS。時の流れをふと感じてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/11/20

ジェフ市原5-1ヴィッセル神戸

1,2位が両方負けてレッズの優勝という何ともしまりの無いステージ優勝決定の陰で、地味に市原臨海で大勝。ステージ優勝を逃し、天皇杯ではJ2に負けた鬱憤を一気にヴィッセルに向けたか?

今日は某試験に向けた勉強をしていたため、試合の経過も結果も携帯メールにてチェック。前半終わって 3-1 でリードしてたものの、最近のジェフはここから2点取られたりするからなぁ……と思っていたら更に2点を追加していました。これでガンバやグランパスとも勝ち点差で並んだみたい。残り2試合、行け行け2位争い(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/19

人身事故

人身事故の影響でひどい目に。写真は秋葉原の様子。ようやく帰れそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/16

快速になった常磐線

ちょっと前の出来事ですが、上野駅に行ったら常磐線の土浦行や勝田行などの列車が全て「快速」として案内されていることに気が付きました。最初は取手から先で快速運転でも始めたのかと思ったのですが、どうもそうではないらしい。時刻表を見たところ、「常磐線の土浦・水戸方面行電車は、上野~取手間を快速、取手から先を普通電車として案内しております」という趣旨の注釈がつけられています。

東京近郊では国鉄の頃から近距離を走る電車(かつては国電、一時期は「E電」などと呼ばれていましたが)と中距離電車におおむね系統が分かれ、中距離列車は普通列車でも東京に近いところでは主要駅しか停まらないという運転をしています。これが東海道線や宇都宮線の様に各駅停車(京浜東北線)と路線名が分かれているのなら違和感は無いですが、常磐線の場合は中・近どちらも同じ路線名で走っており、よって近距離の「快速電車」と中距離「普通列車」があるけど停車駅は同じという妙な状況が続いておりました。

やはりそれでは分りづらいということで今回の措置が取られたのでしょうね。かつては客車も走っていたらしい常磐線の中距離区間も通勤路線と化して牛久辺りからの通勤も珍しくなくなり、客層も大して変わらなくなったということもあるのかもしれません。

ちなみに大阪にも同じような運転形態の区間(東海道・山陽本線)がありますが、こちらは随分以前から「快速」として運転しておりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/11/15

ひみつの返却口

今日は朝から銀行のATMへ。
と言っても預金の引き下ろしではなく、週末に大量の小銭を財布に抱え込んでしまったのでそのお金を預けることにしたのです。

硬貨用の口が開き、財布の小銭をじゃらじゃらと投入。ところが勢いあまって硬貨がはじけ、隣の紙幣投入口に入りこんですき間から落ちていってしまいました。

今週もなんかツイてないな……と思いつつ、まぁ小額だし機械もトラブッてない様なのでわざわざ行員さんに申告する気も無く、預金を済ませてカードを受け取ったら今までATMで見た事の無かったメッセージが。

「返却口をお確かめ下さい」

なんだそれ?

画面の案内表示では機械の下の方にある模様。ポスターが貼ってあったのでぺろんとめくると、あらこんな所に返却口が。そして先程転がり落ちて行った硬貨が機械の中の何処をどう通ったのか、しっかり戻ってきてました。

今まで知らなかった機械の配慮(?)にちょっと得した気分(笑)。ちなみにその硬貨も再度積み直しました。

P.S.帰宅途中に通りがかった別の銀行のATMを良く見てみると、やはり返却口らしきものがありました。ATMはみんなあんな返却口が付いているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[天皇杯]ジェフ市原1-2コンサドーレ札幌(14日)

J2のチームに負けちゃいかんよ……。

今年の天皇杯は格下に負けて初戦敗退するJ1チームが続出のようです。リーグ戦最中に天皇杯が行われるという今年の日程にも批判はあり、JFLやアマチュアのチームに負けるよりはまだましかもしれませんが、それにしてもやっぱり格下には勝たないとねぇ。

今回の天皇杯はジェフ市原アマチュアも千葉県代表で出場し両チームの活躍を期待していたのですが、終わってみればどっちも初戦で敗退。あーあ

今週は仕事でもヤな事があり、家では11月だというのにでかいゴキは出るし何かろくな事が無い1週間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/13

威嚇射撃の弾の行方

ニュースで報道していたのを見たのですが、アラファト議長の葬儀で集まりすぎた民衆の威嚇のために警官か兵士だかが空に向けて発砲をしていました。

それを見てふと思ったのですが、あれが空砲でなくて実弾射撃だとしたら飛び出た弾はどうなるのでしょう。物理の法則から言えば多少の放物線を描きつつ大体同じ位置にほぼ同じ速度で戻ってくるはずで、考えてみればかなり危険なような。もっとも人に命中する確率も少ないと思われ、上から落ちてきた流れ弾で死んだなんて話聞いたことは無いですが。

政治や宗教の事まで思いが巡らず、つまんないことが気になってしまった私でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/10

夏休みが減る葛飾

東京都葛飾区の全中学校が、来年から夏休みを1週間カットだそうです。

1週間減、授業30時間増 葛飾区が全中学で
(Yahoo!ニュースより)

何を隠そう私の母校もここに含まれているので、中学生当時にこんなコトされたら衝撃受けるだろうなぁ。もっとも今は土曜も休みの週休2日だし、ゆとり教育による学力低下が問題化する中でやむを得ない面もあるのかもしれません。

でもそれだったら夏休み短縮するよりも土曜日の授業を一部復活させればいいのにと思うのだが……(^^;)。

| | コメント (14) | トラックバック (5)

ご注意くだい


東京駅で何げに電光掲示板を見ていたら見つけた間違い。文字の入力を誤ったかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/11/07

ふっとびハードディスク

USB接続のポータブルハードディスクを繋いでバックアップを取ったりファイルを整理していたりしたら、急に動作が不安定になってパソコンが動作しなくなりました。しばらくほっておいても復旧の見込みなく、パソコンを再起動させたら今度はハードディスクを認識しなくなるという最悪の事態に(涙)

ドライバを一旦削除し、再度インストールしても改善せず。やむなくディスクをフォーマットしようとしても説明書を見る限りではハードディスクドライブとして認識していないとフォーマットすら出来ないようなので、下手にいじらずに修理(?)に出すことにしました。

バックアップとして使っているハードディスクなので、裏を返せば中身は全てパソコン側のディスクやCD-ROM等などにも保存されており、仮にハードディスクがパーになってもファイル喪失のダメージは無いのですが、旅行の写真などはパソコンのディスクにしかない状態になってしまったので、急遽CD-RWにバックアップしておくことにしました。

ハードディスク(に入っているファイル)は突然おかしくなることがあるから怖いですね。多分ファイル本体の磁気情報は残っているのだろうけれど、それを認識する入口の部分がおかしくなるともうダメ。家に例えるなら部屋や家財道具はちゃんと残っているのに、玄関が壊れて入れなくなったらホントは玄関を修理するなりドアを壊せばいいはずなんだけど、パソコンの世界では一旦家を全部取り壊して更地にし、立て直さなければならないのです。いずれはこんなのも簡単に復活出来るようになるのかもしれませんが、今のところはマメにバックアップを取るのが最大の防御策ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵文字湯のみ

携帯電話購入時にもらった付属品・プレゼントの中にこんなものが入っていました。

最近ではドコモでも新規加入するとこんなものが貰えるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/06

ジェフ市原1-2横浜Fマリノス

残念ながら負けちゃいました。
これで数字上の優勝の可能性も無くなり、あとはどこまで上位に踏みとどまれるかに期待するのみ。例年ここから転げ落ちていくことが多いので是非ともそれは避けたいところ。けど、怪我人も多いしなかなか厳しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話購入

といっても妻のです。

今まで「あまり使わないから」という事でPHSを使っていたのですが、最近のドコモの割引攻勢でファミリー割引だとPHSも携帯も大して料金が変わらなくなり、携帯同士だとファミリー間メールも無料だしPHSのバッテリーもへたってきたので今回買い換えに至りました。

機種にこだわりは無いようだったので安かったカメラ付きのものを購入。しかも持っていたドコモのポイントだけで間に合ってしまいタダになってしまいました。でも本体より高かった「事務手続き料」はしっかり取られましたが。

ということでPHSは同時に解約しました。本体はもらって帰ってきたので、今後は家の電話の子機としてだけ使います。

写真は買ってきたばかりの携帯電話。カメラ付きケータイをカメラ付きケータイで撮るというのも妙ですが(^^;)。

※店の壁に「使用済みの携帯を回収する場合、お客様に目の前で携帯を破壊するのを確認していただき、回収業者に引き渡します」みたいな断り書きがしてありました。メールやアドレスが登録されたままの使用済み携帯が売られていたという話を聞いたことがあり、その対策なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/03

大学祭

今日は文化の日。毎年この時期に行われている母校の大学の文化祭に遊びに出掛けてきました。

在学中に席を置いていたサークルで毎年行われているのがこの「人車」。レールも台車も本物を使い、枕木も京成電鉄から調達し、毎年多くの人を乗せて図書館前を行ったり来たりしています。


例年はこの大学祭の4日間だけ姿を現す幻の鉄道ですが、今年は葛飾区の「郷土と天文の博物館」にも企画展に合わせて姿を現すそうです(11/14, 11/28, 12/12の3日間)。

新千円札はまだまだ巷に出回っていないようで、とある模擬店で支払いに使ったら「野口英世だ!」と店内の人達に騒がれました。今のうちは、ささやかな優越感に浸るには良いアイテムです(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新札


1日に発行された新札、3種類セットで早速調達してまいりました。鮮明な画像はやはりまずかろうと思い、写真はぼけ気味にしてみました。ついでに未だ新鮮な感じがする(笑)2000円札も並べてみたりして。

物心付いてからお札が代わるのはこれで2度目ですが、偽造防止の工夫はさらに手が込んでますます落ち着かないデザインになりました(笑)。そのうち夜になると光るお札が出てきたりして。

記念切手じゃないので手持ちのお札を全部替えても良かったのだけど、まだ自動販売機で使えないという落とし穴があるので(^^;)、旧札も残しておきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/02

JAL ICカード

JALから受け取ったダイレクトeメールにこんなお知らせが。

いよいよJAL ICサービスがスタート

マイルをクーポンに交換?
カードで航空券を購入すれば搭乗ゲートでタッチ&ゴー可能?

そう言えばJALカードSuicaの方はすっかり話を聞かないのですが、交渉決裂しちゃったんですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

コスプレ衣装の製造会社

日曜日の番組ですが、「中居正宏のブラックバラエティ」でコスプレ衣装をデザインして発売している会社が紹介されていました。とある友人に「知り合いが出ているので見てねん」とメールが来ていたので見た次第。

社長さんは始めはジュリアナねーちゃんのボディコン衣装を製造していたらしい。コスプレ衣装の原点はそんな所にあったのね、とちょっと関心。

会社はデザイナーさんと二人三脚で切り盛りしているそうですが、衣装の製造自体は茨城にある工場で行われているらしい。そこではおばちゃんたちが、ナース服をデザイン通りに作り上げている姿が映し出されていました。

そのおばちゃんたちのコメントがまたナイス。
「この服、(本物の)看護婦さんは着ないと思うんだけど、誰が着るんだか全然分からないのよねー。」

ちなみにコスプレCostume Playはやっぱり和製英語だそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »