« ご注意くだい | トップページ | 威嚇射撃の弾の行方 »

2004/11/10

夏休みが減る葛飾

東京都葛飾区の全中学校が、来年から夏休みを1週間カットだそうです。

1週間減、授業30時間増 葛飾区が全中学で
(Yahoo!ニュースより)

何を隠そう私の母校もここに含まれているので、中学生当時にこんなコトされたら衝撃受けるだろうなぁ。もっとも今は土曜も休みの週休2日だし、ゆとり教育による学力低下が問題化する中でやむを得ない面もあるのかもしれません。

でもそれだったら夏休み短縮するよりも土曜日の授業を一部復活させればいいのにと思うのだが……(^^;)。

|

« ご注意くだい | トップページ | 威嚇射撃の弾の行方 »

コメント

理由は「葛飾区の平均正答率は全教科で都平均を下回り…」ってことだけど、これって昔からこんなこと言われてなかったっけかなぁ…。

投稿: らくた | 2004/11/12 14:04

大体ゆとり教育云々言うけど、
国を挙げて馬鹿なガキを製造してるとしか思えない。

だいたい私が子供の時なんて、塾に行く子なんて
クラスでも一握りの賢いエリート学校行きたい(行かせたい?)子と
全然授業付いていけない子位
で、普通の子は家とガッコで勉強して
それで高校行けてたでしょー。

それを学校の授業だけじゃ学力付かなくて、
塾やカテキョ付けないと普通レベルにならんってのが
おかしくない?だったら最初からゆとり教育なんかしなきゃ
良いのに。

子育て中だから余計に腹立つんだよねー。

投稿: 千恵ちゃん | 2004/11/12 14:22

 みなさん、こんばんは。

 今のような「ゆとり教育」をやっていたら、私立の学校に行くことのできる、お金持ちの子供しか勉強ができないようになってしまいますね。一般的にはよく勉強ができる子のほうがよい就職ができ、お金を稼ぐことができます。つまり、お金持ちの子はお金持ちに、貧乏な子は貧乏に固定化されてしまうのです。

 子供は親を選ぶことができません。ですから、公教育を充実させ、貧しい家庭の子供でも成功する機会を与えることが必要なのです。

投稿: たべちゃん | 2004/11/12 23:00

夏休みが減るなんて、ちょっとかわいそうな気はしますね。
時間を増やせばいいというものでもないでしょう。
むしろ、私は先生の(特に公立小中学校の)レベルを大幅に向上させることを真剣に考えるべきだと思いますが。

夏休みといえば、大学の頃の夏休みが懐かしい。
あの頃は2ヶ月強あったもんなぁ(笑)

投稿: くばたん☆♪ | 2004/11/13 01:11

私の出身中学も夏休み減るんですね・・・。
ここは豪雪地帯か?(笑)。
寒中休みはあるのかな???。

っていうか、土曜日なんか休みにするから
こんなことになるんじゃないのかなぁ?

投稿: DJ.Punch | 2004/11/13 10:29

週休二日制が結果としてある程度定着した昨今、学校も週休二日にして、そのかわり夏休みを短縮、というのは組み立ては間違えていないとは思うんだよね。そもそも矛盾しているのは「ゆとり教育」というのがともすると「授業時間数の削減」ということにリンクしていくことなんだよね。本当に「ゆとり」を求めるなら、授業時間数を減らさずに履修内容を減らすことが基本になるはずなんだよね。
話のつじつまが合わせられないくらい、つまり正しい理解に支障を来たすくらい「覚える事項を減らした」カリキュラムを、それすらも十分にこなせないほどの短時間で詰込むことが、どうやら文部科学省の言うところの「ゆとり」のようです。

投稿: らくた | 2004/11/13 14:00

ゆとりゆとりって、そんなぬるいゆとりなら要らん、
と思うのは私が受験戦争世代だから?
いまのゆとり教育なんて、
「今の貧乏から抜け出したいから手段として東大に行く」って
言って、実際に合格した私の友達が聞いたら鼻で笑うよ。

投稿: 千恵ちゃん | 2004/11/13 19:05

 ゆとりの教育って、実は先生が普通のサラリーマンと同じように土曜日、日曜日の2日間を休みたいというニーズを満たすための言い訳だと考えると理解しやすいと思います。
 文科省も先生としていい人材を確保するためには待遇面での改善を図らないとダメですね。 そのために「ゆとり」といって先生に土日休ませる・・、というストーリーのようです。
 知人等に聞くと
 「これ以上のことは塾で勉強してください。」
と小中学校の先生が生徒や父兄に平気で言うらしいです。(これホント)

 私は葛飾区の隣の地域の幼稚園~小・中・高校と過ごしました。 高校2年生までは、塾など行かずに家でも宿題以外の勉強などしませんでした。 今だったら、高校とか大学とかいけない可哀想な子どもになっていたでしょう。 もっとも、今は需給バランスが崩れて受験戦争などないですから、入試なんか受けなくても高校・大学に行くチャンスは私が経験した20年以上前に比べるとはるかに拡大しているでしょう。
 ウーム、何回「受験」したかなぁ・・。

 では

投稿: しみず | 2004/11/14 17:24

* もっとも、今は需給バランスが崩れて受験戦争などないですから、

 受験生が減っているのに大学はまだ増えていますから、えり好みしなければ大学には行くことができます。そのうち、先着順で入学ができる大学も出てくるでしょう。

 ただ、難関の一部の大学に受かるには、今までのような「受験戦争」に勝つ必要があります。

投稿: たべちゃん | 2004/11/14 18:32

あまりに書きたいことが多くなりすぎちゃったから、コメントで…って言うのもどうだろう、と思ったから、トラックバックはらせて頂きましたm(_ _)m。

投稿: らくた | 2004/11/14 21:21

トラックバックがエラーで三つ入ってしまいましたので、二つ消していただければ幸いです。

子供会立石ブロックでは、緊急で十分な話し合いを持たずに夏休み短縮を行おうとすることに反対しています。
よろしければ、Blogをご覧いただければ幸いです。

投稿: 彩庵 | 2005/11/30 00:45

リクエスト通り、2つ削除しておきました。

去年書いた記事でしたが、改めて見るとコメントもトラックバックもかつて無いほど沢山寄せられていたんですね。それだけ関心の高い記事だったようで。

ところで今年はやっぱり夏休みは短縮されてしまったのでしょうか。

投稿: P | 2005/12/03 00:15

確か2学期が8月25日から始まったはずですよ。神戸でもこのニュースは流れました。

投稿: ウジキ | 2005/12/03 23:02

中学校に関しては今年度から短縮になってしまいました。
昨年の中学校PTA会長などに聞きましたが、まず夏休み短縮ありきで話をされ「決定事項」としてごり押しされたとのことです。

本日仕入れた資料があるのですが、これも小学校について「夏休み短縮ありき」になっていますね。
資料については拙BlogにPDFで貼り付けてあります。

投稿: 彩庵 | 2005/12/05 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20962/1926144

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みが減る葛飾:

» 夏休みが減る葛飾区 [らくたのぼやき]
ココロの記録帳へのトラックバック ずいぶんこの件についてはトラックバックもとのページでは議論が盛上っています。僕もコメントしていたのですが、コメントが長くなり... [続きを読む]

受信: 2004/11/14 21:16

» 葛飾区の学校が教育に目覚める [居酒屋まー]
新潟中越地震クリック募金にご協力を とうとう教育現場が音を上げた。 東京都葛飾区がゆとり教育の限界を感じ、夏休みを1週間削減することで 30時間の授業時間... [続きを読む]

受信: 2004/11/24 08:35

» やはり子供の学力は低下 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 OECDが世界の15歳の子供を対象にしたテスト(2003年に41カ国・地域で実 [続きを読む]

受信: 2004/12/07 23:55

» 葛飾区立小学校夏休み短縮反対! [葛飾区立小学校夏休み短縮反対!(日々思ふこと)]
葛飾区立小学校の夏休み短縮が大筋決定しているようである。 私はこれについて断固... [続きを読む]

受信: 2005/11/30 00:27

» 請願の完成 [葛飾区立小学校夏休み短縮反対!(日々思ふこと)]
添削中だった請願ですが、少々きついと思われる文面が柔らかくなったように感じるもの... [続きを読む]

受信: 2005/11/30 00:32

« ご注意くだい | トップページ | 威嚇射撃の弾の行方 »