« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/31

帰省

東京はまたちらほら雪が降ってきましたねー。
そんな中、妻の実家に行ってきます。
スーパーひたち号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【SL-C3000】USBストレージ接続

パソコンとの接続にはネットワーク接続のほか「USBストレージ」という方法が用意されています。要はパソコン側に専用のソフトが入っていなくてもデータのやり取りが出来る接続方法で、SL-C3000のハードディスクをあたかも外づけドライブのように使えてしまうという優れ物です。

ネットワーク接続とUSBストレージ接続の切り替えは「PCリンク」のこの画面から。接続相手としてはハードディスクの他、SDやコンパクトフラッシュカードなども使えます。

接続中はこんな画面が表示されます。

USBでつなぐとドライブに現れるのはこの3つのフォルダ。DICとか言うフォルダは辞書ファイル用でしょうか。説明書には「データはDocumentフォルダに入れてね。」とありました。シェアウエアのファイラーで見るとハードディスクにはもっと沢山のファイルがあるようですが、その中のHDD3というフォルダの中身がここで見られるようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/29


朝は雨が降っていましたが、11時頃には音が静かになったと思ったら既に雪になっていました。天気予報では「夜に雪になる」だったはずですが予想より早かったですね。

猛暑・暖冬だった割には東京の初雪は平年より早いようです。お陰で今日は日中も気温が上がらず。昼前に夕食の材料を買いに行った後はずっと家にこもっていることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/28

送別会

今日(27日)はこれまで1年半あまりにわたってお世話になってきたプロジェクトの送別会がありました。送別されるのはこの私。今までの長い社会人生活でわざわざ送別会を開いていただいたのは初めてのこと(プロジェクトの解散会みたいなものはこれまでにありましたが)で、ちょっと恐縮してしまいました。

1年半あまりの間、学ぶことあり、考えさせられることあり、とにかくいろんな意味でこのプロジェクトではお世話になりました。

年明けからはまたあた新しい仕事に取り掛かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンクホークス

選手の契約公開のニュースでこのチーム名が出てきて「おや?」と思った次第。

ダイエーからソフトバンクに親会社が変わるニュースは知っていましたが、具体的にいつからチーム名が変わるのかはノーチェックで、「いつの間に……」という感じでした。楽天やオリックス・近鉄の合併のニュースよりも扱いが小さかった気がするし。

チーム名が変わると言えば、先日Jリーグの開幕日とナビスコカップの予選リーグ分けの発表があり、ジェフはどのグループかと探してみたけど最初は見つからず。よくよく見たらグループのひとつに「千葉、柏……」とあったのを見て納得致しました(笑)。

「親会社が変わるとチーム名が変わる」プロ野球と「ホームタウンが変わるとチーム名が変わる」Jリーグという違いがありますが、どちらも名前が変わって心機一転という感じですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/26

【SL-C3000】とりあえず使ってみる

本体むきだしのままでは手帳感にかけるので(?)、市販の専用カバーを購入しました。コレなら手で持ち歩いてもサマになるような。でも厚さからいって手帳というよりは小型の辞典か聖書ですねコレは。最近流行りらしい「超」整理手帳とは長さも厚さも対極をなすサイズです。

早速今まで使っていたPDAからスケジュールや住所録を移行しました。今まで使っていたのもザウルス(SL-B500)だったので専用の移行ツールもあったのですが、普段シンクロナイズしているOutlookからデータをコピーしてしまいました。

SL-C3000は640×480という一昔前のノートパソコン並みの画面の広さが魅力ですが、縦画面が基本だった頃からそれほどデザインが変わっていないスケジュール(1ヶ月カレンダー)の画面はタイトルや年月の表示部分で場所を取っている割には日々のスケジュールの内容の文字が細かかったりして、画面の広さが今ひとつ生かしきれていない感じ。1日表示ではその日が期限のTO-DOを併せて表示させることが出来ますが、横画面表示の場合TO-DOが3件あるとスケジュールは5時間分しか表示できません。画面をひねって縦画面にした方が見やすいですね。

比べる方が間違っている気もしますが、画面はSL-B500の頃に比べて格段に良くなりましたねぇ。デジカメで撮った香港の写真もこの通りくっきり(^^)。しかも大容量のハードディスクに保存出来てそれほどストレス無く画像の表示が行えるので、旅先での写真の整理にも活用出来そうです。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/12/25

クリスマスケーキ

昨日は帰宅が遅くてケーキなど食べてる暇が無かったので、今日になってケーキを調達。買いに行ったのが昼間なのでまだ昨日と変わらぬ値段で売られていました。
やっぱりクリスマスなんだからいつもと違うケーキを食べたいと思ったのですが、ホールタイプのものは安くても2000円以上。クリスマスケーキは高いですね。
2人で食べるにはボリュームありそうですが、結局1日で半分ずつ食べてしまいました(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/23

ザウルスSL-C3000購入


綺麗な画面と大容量ハードディスクに魅せられて、ボーナスで購入してしまいました。
コレがあれば旅行先でもパソコンを持ち歩かずにデジカメのデータをばしばし保存出来そう。私のデジカメは今どきスマートメディアを利用する機種なので、購入前に手持ちのCFカードアダプタが認識できることを実機で確認いたしました。

とりあえず今まで使っていたザウルスからスケジュールや住所録などをコピーしないと。以後の使用実績については専用のカテゴリ作ってレポートいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/12/20

ネットで合格発表

「情報処理試験」なのでインターネットで試験結果が分かるのも当たり前のような気がしますが、それはさておき自分が受けた試験の結果もネットで調べられる時代になりました。

という事で、数日前に発表されていた秋に受けた情報処理試験の結果をネットで確認。この歳になって学生の時の入試発表のような気分でどきどきしながら結果を調べる私。で、ずらり並んだ数字をたどっていくと……あったー \(^o^)/

ちなみにこの試験、3200~4000字で記述する論文があったので事前に問題の題意に沿いそうな文章を用意(もちろん試験中は見ることが出来ませんが)していたのですが、試験直前になって全角文字1つを2文字とカウントしていた重大な誤りに気が付き(つまり2000字にしかなっていない)、試験中に急遽文章を増殖させながら3200字超まで書ききりました。いやー危なかった(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/19

偽ミレナリオ(←こら)


友人との忘年会があったので、待ち合わせ時刻よりもちょっと早めに新宿に行って買い物してきました。
高島屋の脇に伸びる歩道にはこんなイルミネーションが。
最近は12月に入るとすぐに街角にイルミネーションが輝き出すので、余計に1年の時の経つ早さを感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/18

24時間営業

いつも利用している駅前の西友。レジの所でこんなお知らせが出ていることに気が付きました。


4年前にここに引っ越してきた当時は夜10時までの営業で、間もなく11時までの営業になりました。それだけでも「スーパーにしては営業時間が長いな。」と個人的には思っていたのですが、それから更に深夜1時までの営業となり、ついに24時間営業に。ついでにかつては1月2日は休みだったような気がしますが、今はもう年中無休です。

コンビニでは当たり前になっているので24時間営業には目新しさは無いですが、スーパーも深夜に店を開きっぱなしにするだけの需要がある時代になりましたか。ちなみに我が家のJALマイルのかなりの部分はこの西友での日々のカード払いで稼がせていただいているのですが、以前は夜11時までしか受け付けなかったカード払いも、今はカウンターは限られますが11時以降も使えるようになっています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004/12/17

【天皇杯】マリノスがザスパに負けた?

天皇杯で横浜FマリノスがJFLのザスパ草津に負けたというニュースを、今日(9日)になってネットで知りました。

人のチームのことは言えませんが(笑)、先日チャンピオンシップでリーグ優勝を果たしたばかりのチームが2段格下のチームに負けてしまうとは。そう言えばマリノスは去年も市立船橋高にPKまでもつれ込んで何とか買ったという「実績」があったはずで、意外と天皇杯は苦手なのか?

ザスパがこの先勝ち進むのはさすがに難しいと思いますが、今年の決勝はどのチームの対戦になるんですかね。対戦相手はともかくとして、何か浦和レッズがPK負けして終わるという展開が頭をよぎるのですが(^^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/12/14

飛行機の子供運賃

この冬、寝台特急「さくら」が無くなる前に乗り納めをして、ついでに「ハウステンボス」にでも出掛けようと計画を立ててますが、妻の妹さんと姪っ子も一緒に行くことになりました。

で、片道は飛行機に乗ることにしているので早朝の特割便を4人まとめてネットで申し込み。幼稚園の子の予約をするのは初めてなので、いくらになるのかがわからなかったのですが、年齢を入力して予約をして出された答えは大人と同額。あれー??

……と思ったのですが、特割の運賃が実は普通運賃の半額以下だったりするので子供だからといってこれ以上の割引はしないって事なのかな。飛行機を普通に使うようになって随分立ちますが、運賃は未だに良く分かっていないです(鉄道はもっとわかりにくいという話もあるけど(笑))

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/12/12

牛肉届く


妻の実家より、宅配便にて花園牛の牛肉が届きました。


中身はご覧の通りの美味しそうな肉。2人だけでは食べきれないので、近場に住む友人1人を呼んで3人でささやかにすき焼きの夕食。脂がのっていて美味しかったこと。ごちそうさまでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

電車で忘年会

昨日は@nifty「汽車旅フォーラム」での忘年会、略して「汽忘会」に出掛けてきました。汽忘会の舞台になったのは日立電鉄の「呑電」。貸切の宴会用に電車の車内にビールサーバを乗せて、座席の前にはカップフォルダ付きのテーブルが備え付けられているという優れものです。

集合場所の大甕で待っていると我々の前に現れたのは写真左のような電車(写真は鮎川で撮影)。元々営団地下鉄で走っていた車両で、その証拠に車内の扇風機には今でも営団地下鉄の「Sマーク」が付いています。


2両編成の各車内中央にはご覧の通りビールサーバ付きのカウンターが。


鮎川に着くと、ホームで待ちかまえていたのは調理中のあんこう鍋でした。法律上車内ではガスコンロが使えないそうなので、ホームで調理してから車内に持ち込んでつつくのですが、この日は12月にしては暖かい日だったので、みんなホームに繰り出して鍋をつついていました。

あんこうはもちろん、野菜もうどんも汁も全部平らげて、鍋はすっからかんに(笑)


電車は鮎川から常北太田まで全線走破。単に往復するだけでなく、途中何ヶ所か途中停車タイムがあるのも今回のプランの魅力です。「関東の駅100選」に選ばれたという桜川駅でもしばし停車。ちなみに「トリビアの泉」でかつて取り上げられたことのある可動式の歩道橋はこの近くにあり、車内からも見ることが出来ます。

日立電鉄グッズ即売会も行われていた常北太田まで列車は走り、折り返して大甕に到着して今回の汽忘会はお開きになりました。


残念ながらこの日立電鉄は来年の3月に廃止されることが決まりました。それが汽忘会をここで行うことになった理由でもあるのですが、最近各地でローカル私鉄が無くなってしまうのは寂しいですね。でも今回の汽忘会のお陰で日立電鉄の思い出深い「乗り納め」をすることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/11

日立電鉄

日立電鉄のビール電車でビール昼から飲んでます。
ただ今久慈浜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守谷SA

本日は大甕に向かうため常磐自動車道を北上中。ただ今守谷です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

おでんのちくわぶ(竹輪麩)

今日は有給休暇を取ってお休みだったので、妻と共に夕食のお買い物。今日はおでんにしようということで「おでんの具セット」と共に私が「ちくわぶ」の真空パック詰めを手に取ったら、「えー、ちくわぶ嫌い」だって。なにー!

実は私、小さい頃おでんで一番好きな具がちくわぶだったのでした。おでんが夕食だとちくわぶばっかり食べてたので「他の具も食べなさい」と母に言われたりして。うちの姉もちくわぶ大好きでした。

妻の実家の方ではおでんにちくわぶを入れないというか、地元スーパーの食品売り場でもあまり見かけなかったらしい。その代わり、というわけではないがおでんの具に「カステラ」というのがあるそうです。もちろん文明堂の3時のおやつをおでんの鍋に入れるのではなく、四角くなっている魚の練り物の中にタマネギが入っているような具なんだとか。

そしておでんの夕食。やっぱり妻には「素っ気ないうどんの固まりのような……」との事でちくわぶはいまいちだったようで、ほとんど私が頂きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/12/08

血液型番組に改善求める

4月に「血液型で性格は決まるのか?」なんて記事を書きましたが、この手の血液型分析番組は相変わらずとどまるところを知らず。ついにこんな勧告が出されたようです。

血液型番組に改善求める=BPO青少年委

科学的根拠は証明されていないようです。やっぱし。

P.S. あ、カウンタが110000超えましたね。みなさんありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/12/05

帝釈人車鉄道展

今日は葛飾区の「郷土と天文の博物館」で行われている「帝釈人車鉄道展」を見に出掛けてきました。ホントは大学時代の所属サークルがここで人車の運行をするというので見に行くのが目的だったのですが、一週間勘違い。運行は来週とのことで、その人車は本日は写真の通り静態保存状態でした。

明治32年から大正2年にかけて金町から柴又帝釈天の旅客輸送に活躍していたという帝釈人車鉄道を始めとして、各地に点在していた「人車軌道」を写真や資料で紹介。帝釈人車鉄道はその後京成に路線を譲り、今の京成金町線になったそうです。京成金町線の近所に行くことが時々あるのですが、何げに見ていたその路線をかつては人が押す車両が行き来していたのですね。

たまたま館内ガイドさんが見学客を引き連れていたので何気なくその説明を聞いていたのですが、「人車」は馬車鉄道と違い排泄物の問題も無く、動力車のような燃料も必要無いので当時は合理的な乗り物ではあったらしい。しかしこれがヨーロッパだと人が動力になるというのは人権問題にもなりかねないので、こういう鉄道が存在したのは日本だけとのことでした。人権問題云々はヨーロッパと日本の考え方の違いなのかなと思いますが、いずれにしても今じゃ需要・人件費をどちらを考えても成り立たないですね(笑)。しかし昔はこんな交通機関でも働く方も利用者も生活が成り立っていたわけで、地球環境的にはこの方が遥かに良かったのかもねと12月としては異様な暖かさだった今日、ふと思ったのでした。

人車の最盛期の写真もいくつか展示されていました。こんな鉄道乗ってみたいですね。もっとも当時に生きていても庶民が鉄道のために日本全国を旅行するなんて考えられなかったことだと思いますが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/04

羽田空港第2ターミナルオープン

今日の午後は12月にオープンしたばかりの羽田空港第2ターミナルに出掛けてきました。まずは初乗りを兼ねてモノレールに乗って第2ターミナルへ。第2ターミナル駅のホームは2面ありますが、使われていたのは1面だけでした。

駅を出て真新しい旅客ターミナルビルの出発カウンターへと上がります。ずらりと並ぶ自動チェックインマシンに、ドコモのCMに出てきたICカード・携帯用のセンサーが付いているのを早速チェック(^^)

ターミナルビルはご覧の通り広々としていて何処までもANAのカウンターが並びます。そしてホテルの入口もある隅っこの方にちょっとだけエアドゥのカウンターがありました。

ターミナルはやはり新しいターミナルビルを見に来たと思われる人たちで混雑しており、ターミナルの中にあるレストランや喫茶店は何処も行列が出来るほどでした。展望デッキに出てみるとフェンスにはポケモンジェットが見える位置を中心にして見物人が鈴なりになっており、冬の屋外とは思えないほどの盛況ぶり(^^;)でした。

一休みしようと入ったカフェレストランで見つけた8つ並ぶ壁掛け時計。世界の時刻を表しているのかと思って良く見たら、全て日本の都市名が記されており、当然時刻が全て同じです。なんだこれ。

第2ターミナルを一巡した後、京急の駅と並行して通じている連絡通路を歩いて第1ターミナルへ。こちらは今までANAが入っていたチェックインカウンターが全て立ち入り出来なくなっており、これから改修工事に取りかかると思われる状態でした。

帰りは京浜急行の快速特急に乗って品川へ出ました。京成の車両でも「快特」として走るんですね。


| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/12/03

ココログ1周年

昨日で@niftyが「ココログ」(blog)のサービスを始めてから丁度1年となったようです。

「ココロの記録帳」自体はそれから3カ月程経った後に始めたので、1周年はもう少し先です。6年前に始めたホームページもそうだったのですがネット仲間が始め出したのを見て、面白そうだから自分も手を出してみたというのが事の始まりでした。

開始当初はblogの独特のレイアウトに違和感を感じまくり、特に「トラックバック」が何を意図した機能なんだかさっぱり見当もつかなかったのですが、今となってはこの世界にすっかり馴染んで平日でもせっせと記事を書き続けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/02

寝台特急「さくら・あさかぜ」廃止

脂肪肝に気を取られてこのニュースのことをすっかり忘れていました(笑)。日曜日の新聞で知りましたが寝台特急の「さくら」と「あさかぜ」が来年3月で無くなるというニュース。残りの「富士」と「はやぶさ」も本州内は併結になるようで、いよいよ九州行ブルートレインも風前の灯火になってしまいました。

たべちゃんPunch氏mattohさんもblogでこのニュースを取り上げていましたが、押しなべて「来る時が来たか」という感想のようですね。よく言われることですがビジネスホテル並の寝台料金でも個室は少なく、値段は飛行機以上で所要時間は遥かにかかり、近年では車体も老朽化し食堂車も車販も無くなってしまう凋落ぶりではもはや消滅を待っているだけと言っても差し支えないでしょう。

実はかつてあまり飛行機が選択枝に入っていなかった時には、九州旅行の行き帰りの手段として結構使っていたのでした。「さくら」のカルテットや「はやぶさ」のソロ、一度は奮発して「富士」のA寝台個室も利用した事があります。でも飛行機の手軽さや「バーゲンフェア」・特割などの割引料金を知ってしまい、さらには結婚したりするともうダメですね(^^;)。別に急ぐ旅行ではなくても、飛行機の割引料金と寝台特急の2人分の値段を比較するとそれが目的でない限りとても寝台特急は選べない。もし夜行バス並みに値段が安ければまだまだ需要は呼び起こせると思うのですが、関係するJR各社がそこまでする気は無いのが現状なのでしょう。

かれこれ15年以上も前に国鉄がJRに分割民営化される時、九州寝台特急は周遊券や長距離になるほどキロあたりの単価が安くなる長距離切符と共に、JR間の利害関係の狭間に立たされ存続が危ぶまれてるものとして挙げられていました。結局は世論の批判をかわすためもあったのかこれらはJR化後もしばらく安泰だったのですが、まず周遊券が「周遊きっぷ」とリ二ューアルされて消滅、ついで九州寝台特急も風前の灯火に。どちらも当初言われていたJR間の利害関係と言うより、鉄道での長距離移動が以前にも増して減ってきている事が一番の理由のような気がします。

長距離切符についても新幹線や特急列車の移動が当たり前になった今となっては料金と運賃が別立てになっている体系ではなく、列車単位で特急料金込みの運賃設定にし、その代わり飛行機のように競合区間や早朝・深夜の閑散列車については安い金額にするなどの変化を持たせた方が分かりやすいんじゃないかと思ったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »