« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/28

最初で最後のあさかぜの旅

今は最後の「さくら」や「あさかぜ」が東海道・山陽をひた走っている頃でしようか。

先日の土曜日夜、「あさかぜ」の乗り納めに出かけてきました。と言っても「さくら」は以前カルテットを利用して乗った事があるものの、あさかぜの方は今まで一度も利用した事が無く、言わば最初で最後の利用となりました。

当日東京駅10番線は、さくらやあさかぜの写真を撮る人でごった返している状態(写真)でした。車販も食堂車も無いので弁当や飲料を買い求めておいた後、あさかぜに乗ってまっ先にラウンジカーへと行き弁当を食べました。発車までラウンジカーは中はごった返しているし外からフラッシュの光を浴びせてくる奴がいるし、どうにも落ち着かない状態が続きます。

タ食後ようやく自分の席へ。B寝台の客は家族連れか鉄ちゃんらしき人ばかりでしたが、意外にも自分と同じボックスにいたのはひとり旅の女性でした。翌日朝になって話す機会があったのですが、てっきりたまたま移動の手段としてこの列車を利用しただけかと思ったらそうではなく、無くなると聞いてわざわざ乗りにきたとのことでした。ちなみに帰りはさくらに乗って帰るという強者でした。

国府津から小田原あたりではもうすぐ3月だというのに雪景色が見られました。その後折角なのでA寝台個室まで足を運び、一部屋だけまだ人がいなくてドアが開いたままの部屋があったのでちょっと撮影。ちなみにA寝台に行く時に通りかかったラウンジカーは、ビデオは据え付けられているしパソコンは広げられているし、鉄ちゃんの前線基地になってました(笑)。

なかなか寝つけなかった夜を過ごし、朝6時に再開した車内放送に起こされ、結局7時半くらいに起床。朝日がまぶしい瀬戸内海(写真)を眺めつつ、朝食は買ってきたパンを寝台で食べます。徳山で「2分停車」とアナウンスがあったので最後尾に移動し撮影に繰り出し、そんなこんなですっかり寝台特急の旅を堪能して下関へと到着しました。


カーブを曲がるあさかぜ(写真)

下関(写真)に着いた後は九州に渡り、小倉のモノレールと博多の地下鉄七隈線に乗ってこれで九州内の鉄道は沖縄を除いて走破終了。その他かつて出張帰りにスーツ姿のまま乗ったことのある西鉄北九州線の路線跡を歩いたり、度々出張で足を運び、今は移転してすっかり建物が無くなってしまった元客先のあった場所へ行ってみたりして何だか最後は昔を懐かしむ旅になってしまいました。

そしてその日のうちに福岡空港へ行き、お土産の辛子明太子と「ひよこ」のお菓子を買って飛行機に乗り旅行はおしまい。結構充実した週末を過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/27

福岡空港

あさかぜを降りた後は寄り道しながら博多へと移動し、博多で「さくら」を見届けた後福岡空港にやってきました。後は飛行機に乗ってこの旅行はおしまいです。
かって乗ったことのある西鉄の路面電車跡や一時期行っていた客先があった場所を訪ね歩く旅になりましたが、有意義な一日でした。
あと今回の旅行で沖縄以外、九州全ての鉄道を乗りつくしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下関到着

あさかぜに乗ってようやく下関に到着。写真撮影の方々がすごい人数です。
今日はこれから九州へ向かいます。
下関

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/26

小田原辺りを走行中

外が白いと思ったら雪が降ってますね。
列車は順調に走ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさかぜの車内です。

とりあえずラウンジカーに乗りましたが、回りは写真撮りまくりで落ち着きません。写真は一時間前のさくらの様子です。
東京駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさかぜで九州へ

JRのダイヤ改正って3月半ばに行うイメージが強かったでてっきり今年もそうかと思っていたら、今年は1日にダイヤ改正されるんですね。という事は寝台特急「さくら」「あさかぜ」もあと3往復の命……。

ということで今夜あさかぜに乗ることになりました。実は前回の九州旅行で「さくら」に乗る予定だったのですが諸般の事情で乗れなかったもんで。

出来れば「さくら」B個室か「あさかぜ」A個室に乗りたかったですが、先程再チャレンジしたもののやはり満席。あさかぜB寝台はまだ若干の余裕があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/25

ハウステンボス

九州旅行2日目はハウステンボスへ出掛けてきました。同じ名前の特急列車と駅があるテーマパークですが、駅(写真)自体は割と小ぢんまりとした造りです。駅の周辺にはハウステンボスのお客を受け入れるホテルがいくつか建ち並んでいます。

運河を越えて駅と直結する橋を渡ってハウステンボス入口に向かうと、お出迎えで巨大なチューリップのキャラクター(写真)が迫ってきました。姪っこはこの手の巨大縫いぐるみに若干トラウマがあるようで、怖がって近づこうとしません。

園内はオランダをイメージさせる風車とチューリップの咲きそろう花壇(写真)のマッチした風景を見ることが出来たり、あちこちでカメラを向けたくなるような良い雰囲気の眺めが見られます。多人数が乗れる風変わりな自転車のレンタルも行っているようで、家族で4人乗り自転車をこいでいる姿も見られました。

園内に入って早速「フライトオブワンダー」という懸垂型の乗り物に乗って空中遊泳するアトラクションに入り、その後「だまし絵」をテーマにした「ミステリアスエッシャー」、それからキッズファクトリー、ギアマンミュージアム、ハウステンボス美術館、ドムタワー(展望台)などなどを見て回りました。昼食は佐世保の近くなのでやはり佐世保バーガーを(笑)。

この日は朝から夜までほぼ1日園内で過ごしました。アトラクションの類いにいまいち物足りなさを感じましたが(ま、どうしても比較相手がディズニーランドになるので酷かもしれませんが)観光地としては行く価値はありかな。ただ人気のあるアトラクションなどは混雑している一方で、広々とした園内の賑わいはいまいちでちょっと淋しかったのが残念。あと、有料の園内だというのに幾つかの道ではホテルのバスや業務用の車などが結構頻繁に行き交い、車に気をつけながら歩く必要があるのが気になりました。

また、7時頃夕食を取った後にお土産を買って帰ろうと思ったら、既に園内の店がほとんど閉まっていて出口のそばのお店しか空いてなくて大失敗。大体園内も人影が見あたらくなってさみしくなるし、ここらへんディズニーランド感覚で行動すると失敗しますね。

おまけ写真その1:ハウステンボス美術館で行われていたドラマの撮影。「お嬢様学園」というタイトルらしいのですが。

おまけ写真その2:オルゴール館にあった手回しオルゴール用のパンチカード。「鬼畜のテーマ」と「若い時が一番良い」というのがどんな曲なのかとても気になります(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雪じゃん

こんな時刻まで起きてます。

友人らくた氏の日記を見て、「おお、そっちじゃ雪が降っているのか」と思いつつ外を見たらこっちもしっかりが降ってました(笑)。

ただいまの積雪:家や車の屋根が白くなる程度

おかしーな、23日は確か日中19度まで気温が上がったはずでは。
一体春は来るのか来ないのか。
朝は寒そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/23

松浦鉄道(有田→佐世保)

先々週の九州旅行では妻と妹さん達には佐世保と長崎で市内観光に出掛けてもらい、その間私の方は西九州の「乗りにくい」私鉄2線に乗ってきました。

で、その第一弾が松浦鉄道(写真左)

地図を見るとひと目でわかる通り、全線乗るのにとても躊躇われる(笑)路線です。JRなら30分程度の区間を大回りして実に3時間。それでも全線通しの乗車券が券売機で売られていますが、全線乗るなら1日乗車券を買いましよう。普通運賃が2,290円のところ1日乗車券だと休日で1,700円、平日でも2,000円とたとえ何処にも降りなくてもこっちの方が安上がりなのです。

路線は大きく有田から伊万里までの路線と伊万里から佐世保までの路線に分かれます。有田-伊万里の路線は乗客数もそこそこ。伊万里は今では西の松浦鉄道(左写真の左側の駅舎)と東のJR(同右側)に線路も駅舎も道路で分断され、両駅ともホームも改札口も地平にあるというのに駅の間には横断歩道が無くて乗り換えにはわざわざ跨線橋を渡らなければならないという鉄道の衰退を象徴する様な造り(^^;)となっています。

伊万里から先、松浦へと進む路線は客がさらに少なくなり、御厨から日本最西端の駅・たびら平戸口までは乗客が私一人になってしまいました。運転手さんに「貸切だね」と言われる始末。この客の少なさはいずれ存続問題へと発展しそうでちょっと不安です。間近に迫る海(写真)が綺麗でした。

鉄ちゃんとしてはかつて吉井、佐々、左石から延びていた支線の廃線跡もチェックしたいところ。特に佐々から伸びる世田原線跡は駅を出てしばらく現在の路線と並走し、やがて西の方へと分かれていく(写真)様子がはっきりと見られます。

第三セクターになってから駅が増え駅間距離が短くなった松浦鉄道ですが、極めつけは佐世保市内の中心、JRの頃からあった中佐世保(写真手前)と道路を横切ってすぐの所に造られた佐世保中央駅で、両駅の間は200メートルしかなく日本で最も短い駅間距離になってます。但し建物密集地の上に線路がカーブをしているため、両駅を一緒に写真に収めることが出来ずちょっと残念。佐世保中央駅はジャスコの裏手にあってアーケード街がすぐ近くにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/22

咳が止まらん

今週始めから、咳ゴホゴホの状態が続いています。

私の場合最近の傾向として、風邪の引き始めは喉が痛くなって声が出なくなり、続いて妙な夢にうなされ(ひどい場合は翌日会社を休む)、その後は鼻水・痰が出るようになって最後は咳が出てくるといるルーチンになっているので、現在は完治まで後少しの状態のはずですがそれにしてもつらい。

立て続けに咳き込むとへとへとになり、夜も自分の咳でなかなか寝付けない。早いとここの状態から脱出したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/20

【ちばぎんカップ】ジェフ千葉0-1柏レイソル

毎年恒例のちばぎんカップ。と言いつつ私は未だスタジアムに見に行ったことがありません。
今年こそ行こうかとも一時は思ったのですが、公式戦とナビスコカップのホーム1試合目も柏レイソル戦だと知り見送ってしまいました。実際問題、私も妻も今日は風邪気味で臨海には行かない方が無難だったと思う次第。

……と、言い訳はここまでにして例によって試合経過はWebサイトと携帯メールでチェックしました。期待の新外国人も今日は間に合わなかったみたいで、純国産チーム状態だったジェフは0-1で負け。オシムのコメントを読む限りではジェフはもちろん1点挙げたレイソルも内容はいまいちだったようです。

私の記憶ではちばぎんカップの出来とその年の公式戦の出来はあんまりリンクしてないと思うので、今日の負けもそれほどのショックではありませんが(個人的にはそれよりもザウルス壊したことのショックの方が大きくて……(^^;))、ジェフはちばぎんカップといまいち相性良くないですね。

あと、チーム名が変わって応援がどのように変わったのか興味がありますが、こちらは実際スタジアムに足を運ぶまでのお楽しみにしておきます。ネットでは「千葉という名前を意識しすぎ」という意見がありましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早くも入院

購入してから僅か2ヶ月で、早くもザウルスSL-C3000が修理に旅立ちました(涙)

事件が起きたのは本日夕方。いつものようにスイッチを入れたら画面がフリーズ。それからリセットボタンを押してもきちんと復旧せず、その後のリセットボタンを再度押したり電池を抜いたりの順番が悪かったのかもしれませんが、しまいには電源スイッチを入れても電源が入らなくなりました。ACアダプタを差し込んでも充電ランプすら点かなくなる始末。

やむを得ず保証書も持参の上、購入先のヨドバシカメラに直行しました。もちろん保証期間で多分費用はかからないのが何よりですが修理に2週間は掛かるらしく、諸般の事情で今週末に予定している寝台特急あさかぜの乗り納め旅行には連れていくことが出来なさそうです。

ところでザウルスは先代のSL-B500の時もそうだったのですが、時たま再起動を余儀なくされる状態になります。PDAは他の機種もこんなもんなんですかね。しかもSL-B500の時は強制的にリセットがかかるみたいな状態でしたが、C3000は過去2回ともフリーズが起きました。どっちも迷惑といえば迷惑ですが、まだ動きのある状態が続くB500の方が心配せずに済みます。C3000はハードディスクを積んでいるだけに、フリーズも今回の故障もちょっと心配になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/18

出張

ここ2日ほど出張に出掛けていました。新幹線で1時間しかからない1泊だけの出張でしたが、お陰で連休の旅行と併せて今週はホテルで寝起きしていてばかりしていた感じ。

巷ではインフルエンザが大流行らしい。私もインフルエンザではないですが今週始めから風邪気味なので、明日は久々にゆっくりと休む予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/15

九州より帰還

島原鉄道を最後に消息を絶っていましたが(笑)、14日に無事に帰宅しております(14日は有給休暇にてお休み)。
空気の乾燥している中、帰りの新幹線5時間が効いたのか帰宅後ちょっと体調を崩しました。が、早めに寝たお陰もあって会社を休むまでには至らず何とか回復しました。

旅行記はまた後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/13

島原鉄道

九州旅行の最終日の今日は島原鉄道にやってまいりました。朝方雨が降ってましたが今は良い天気です。
それにしても諫早から加津佐までの道のりは長かった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/02/12

ハウステンボス

今日は一日ハウステンボスで遊んでいます。天気は良いですが気温が低くてちょっと寒いです。
P5020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/11

松浦鉄道

ただ今松浦駅。佐世保行きの乗客はただ今二人だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐世保

今日から二泊三日で佐世保と長崎に旅行に来ています。まずは佐世保にやってきました。早速昼飯は佐世保バーガーを(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/10

明日は

事情により朝3時半起きです(笑)

久しぶりに旅行に出掛けてまいります。国内なので旅先から携帯アップは出来るかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/09

北朝鮮戦

今日は飲み会に出掛けていたので経過と結果は妻メールでチェックしてました。なので試合の詳しい内容はまだ知りませんが、まずは1勝挙げられたようで。

でも一時は同点に追いつかれるなど、思ったより危なっかしい試合だったようですね。もっと大差で勝てるかと思いましたが。

テレビ朝日系での中継でしたが、ここ数日テレビ朝日での北朝鮮戦関係の放送が過剰に感じられたのは私だけ? 「ベールに包まれたチーム」を強調し過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/08

修学旅行シーズン

通勤で毎朝通る東京駅の地下通路に「団体客待ち合わせ場所」があります。何のことはなく単に広々とした空間なのですが、今日は文字通り学生の団体で埋め尽くされていました。

修学旅行シーズンに入ったんですかねー。まだ今はどこに行っても寒そうですが。

ところで修学旅行、に限らず高校くらいの時に行った旅行の記憶って残っています? 弊HP「ROOM『P』」で展開している旅行記は高校の時から書き溜めていた旅行記がベースになっているのですが、高校時代の事になると大筋では覚えていても、細かい描写になると自分が書いた文章だというのにまるで思い出せないことが割とあります(笑)。中には「中学の時に訪れた時の記憶が甦ってきた」という一文があって、当時高校生だった自分は中学時代の時の事を思い出せたのでしょうが、今となってはその中学の時に訪れた事があるという事実が思い出せなくなっていたりして……。

これから修学旅行に出掛ける学生さんもいつまでも記憶に残る思い出が作れるといいですね。私の場合、寺とか巡った事はあらかた忘れてしまいましたが、夕食でのすき焼きで鍋焦がしたとか、京都の修学旅行なのに自由行動日に大阪まで足を延ばしたりとかそういうくだらないことは今でも鮮明に記憶に残っています(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/06

ジェフ千葉の新外国人

マルキーニョスもレンタル終了でヴェルディに帰り、公式HPの新体制を見る限り金選手以外日本人ばかりが並びちょっと不安になりますが、ネットを見てみると外国人の補強の情報を仕入れることが出来ます。

まずシュトルムグラーツからFWのマリオ・ハース。オーストリア代表選手でオシム監督の教え子らしい。こちらに記事がありました。

それとMFにはブリガリア代表のストイアコフ。

海外のサッカー事情にはまるで疎い私(笑)はこの2選手がどれだけの人物かは知る由もないのですが、ネットによればマリオハースはかなりの有力選手とのことで、マルキーニョス以上の活躍を願いたいところです。

あと、諸般の事情で裁判中(^^;)のサンドロも契約は更改のようです。詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/05

商店街の火事の跡

昨日の夜、駅前の商店街で火事がありました。離れた家からでも煙が立ち上る様子が分かるほどの火事だったのですが、今日の昼間に買い物ついでにちょっと寄り道。

火元は何処か分かりませんが、隣接3件ほどが真っ黒け。やはり結構大きな火事だったようです。商店街の天井も若干焦げてましたし。

火災の現場検証か後片づけのためか、商店街は通行止めになってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さとう珠緒

昼間のテレビを見ていたら、2番組立て続けにさとう珠緒が出てきていました。なんだかんだ言って最近よくテレビで見かけるような気がしますが。

「ぷんぷん」でも「うるうる」でも何でもやってみるもんだな、とふと思いました(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/02/04

サンリオ≠山梨王

最近の「トリビアの泉」はガセビアの方が面白い、と番組の趣旨に反する(笑)感想を抱く私です。今週は仕事で帰りが遅かったので録画した番組を昨日見たのですが、ガセビアのネタは「サンリオの名前は山梨県出身の社長が山梨の王になるという事から名付けられた……というのはガセ」というネタ。

タモリの「私は福岡出身だけど、『福岡の王になる』と言ったとしたら志としては低いよね。」というコメントには笑えましたが、この手の命名の由来のガセネタって一時期流行りませんでしたっけ? 旦く、『EDWINは大阪に本社があって、『東京(江戸)に勝つ』という意味を込めて名前がつけられた」とか「レオマワールド(香川県にあるレジャーランド。2000年8月から長期休園に入っていたが、2004年4月に復活したらしい)は『レジャーランドは俺に任せろ』の略」とか他にもそんなネタが沢山あった様な気がするのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/01

千葉県に太平洋

先日耳にしたニュースですが、来年3月に千葉県の成東、山武、松尾町と蓮沼村が合併し「千葉県太平洋市」という名前になる様です。

雄大に広がる海の名前を千葉県がひとりじめ。先日中部国際空港の南に「南セントレア市」というけったいな名前の市を作ろうとしているらしいというニュースを耳にしましたが、それに負けないネーミングです。本来なら「九十九里市」あたりが妥当ところ九十九里町が合併に加わらなかったので叶わなかったのでしょうが、名前の由来として「大きな望みを持って、平和で仲良く未来に希望が持てる市という意味合い」というコメントが何か苦し紛れのような。

本来妙な地名って私は大好きだったりするのですよ。実家のある市原市には廿五里(ついへいじ)という漢字と読みがどう見ても一致しない地名があったり、静岡の函南町には新幹線という地名があったり、兵庫県三原郡緑町には広田広田という住所が存在したり、奈良県は難読地名の宝庫だと話に聞いたり、そういう地名ってどんな由来や経緯があるのかまとめた本が無いものかと思ったりするのですが(廿五里については実際図書館で調べました。詳しくはこちら)、最近合併で生まれる妙な地名はあまりにも安直すぎてちょっと興味が沸かないですね。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »