« [ナビスコ杯]ジェフ千葉3-1大分トリニータ | トップページ | マスクがいっぱい »

2005/03/20

晴海の貨物線跡

割と近所にありながら今まで行ったことが無く、一度は足を運んでみたいと思っていた晴海の貨物線跡に今日行ってみました。

スタートは越中島貨物駅付近から。人道橋のしおかぜ橋から見ると、京葉線が地下へと潜るそばに行き止まりの線路が一本(写真)伸びてます。そして線路が途切れている先から、かつては晴海の方へと貨物線が延びていました。

その先ずっと空き地が続いていますが、浜崎橋そばのマンションの裏手に数メートルだけ、線路が取り残されています(写真)

豊洲運河に架かる橋は既に撤去済みで、橋脚2つだけが残る状態。豊洲駅付近で貨物線跡は豊洲方面に向かう線と晴海方面に進む線に別れます。豊洲方面に向かう路線は豊洲駅付近で若干跡をとどめているものの、その先はゆりかもめの工事や臨海地区の再開発に飲み込まれて何処を通っていたのかも分からない状態。晴海線の方は再開発の波から逃れるように公園の裏手に線路が続いていました(写真)

道路橋と並行して架かる晴海橋(写真)は線路共々原形をしっかりとどめている貴重な遺構。周囲の再開発が進む中、高層ビルをバックに架かるボロボロの橋というのは結構シュールな光景です。鉄な人間としてはこの橋はこのまま保存しておいてもらいたいものですが。

晴海橋の向こう側にも廃線跡は続いており、線路は盛り土の下に隠れたり現れたりしていて晴海1丁目付近では踏切の跡(写真)を発見。しかしこの先工場の倉庫群へと線路が続いていた線路は、道路工事らしき盛り土に飲み込まれていたり関係者以外立入禁止になっていたりして、貨物線跡がどうなっていたのかは分かりませんでした。

P.S.久しぶりに豊洲付近を歩いたら工事中のゆりかもめの駅を見かけ、ゆりかもめが豊洲まで延伸工事をしていることを初めて知りました。臨海地域の廃線跡は意識していても新規開業路線については全然チェックしていなかった私(^^;)。

|

« [ナビスコ杯]ジェフ千葉3-1大分トリニータ | トップページ | マスクがいっぱい »

コメント

えー??越中島~晴海??
思いっきり元職場のそばではないですかぁ・・・。こんな見事な廃線跡が残ってるなんて知らんかったなぁ!
今度帰国したらゼヒ見に行きたいと思いますので、付き合ってねー。
ゆりかもめが豊洲まで伸びるのも知らんかったぞ・・・。でも「りんかい線」とバッティングしそうですね。

投稿: がめ@広州 | 2005/03/27 15:53

コメントありがとうございます。
帰国したときには是非ご一緒しましょう。いっそオフにでも(笑)

この廃線は本で紹介されてたり、テレビでも以前「タモリ倶楽部」で取り上げられたこともあるので一度足を運んでみたいと思っていたのですが、ようやく先日訪れることが出来ました。でも周辺の開発に伴って撤去されてしまったものも多いようです。中学生の頃自転車で足を運んでいたらもっといろいろなものが見られたのかも。

ちなみにゆりかもめの豊洲駅はかなり出来上がっているようですが、どうも更に先に延ばすような感じです。でも何処へ進むんだろ? 方向からいってその先には越中島駅しかないような気がするんですが(^^;)

投稿: P | 2005/03/27 20:55

豊洲から貨物線に沿って亀戸~新小岩~金町・・・
絶対ありえない(^^;

投稿: ウジキ | 2005/03/27 23:35

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晴海の貨物線跡:

« [ナビスコ杯]ジェフ千葉3-1大分トリニータ | トップページ | マスクがいっぱい »