« 地震だ | トップページ | 蝉 »

2005/08/19

鳴子温泉と鳴子峡

今年の夏休みは、妻の実家よりさらに車を走らせて鳴子温泉へと足を運びました。

東北自動車道を北上して古川ICから国道47号を経由して鳴子へ。そろそろ帰省の渋滞が始まるころでしたが、たいした渋滞に巻き込まれることも無く無事到着。

あいにくの空模様でしたが鳴子に着く頃には止んでいたので、まずは鳴子峡(写真)の遊歩道を中山平から大谷観音がある辺りまで散策。川の両側にはごつごつとした岩の崖が続き、特徴ある岩には名前の付いた札が掲げられていました。

その後、再び雨が振り出す中を車で鬼首へと移動し、10分ごとに温泉を吹き上げるという間欠泉(写真)を見物。

間欠泉を見物した後は、ネット予約した中山平温泉の旅館に入り、旅館の露天風呂(写真)や料理を堪能し、夜までのんびりと過ごしました。

翌日は昨日歩けなかった鳴子峡の残り後半を散策しようと思ったのですが、あいにく昨日からの雨による河川の増水で遊歩道が閉鎖となってしまったため行くことが出来ず、代わりにこけし資料館(写真)へ足を運んだり、鳴子温泉駅近辺の土産物屋や足湯巡りをして過ごし、午後には帰宅の途につきました。

帰りの時刻は東北自動車道下りが帰省渋滞の真っ只中。どこまでも続く車の列を眺めながら車を走らせていました。

|

« 地震だ | トップページ | 蝉 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳴子温泉と鳴子峡:

« 地震だ | トップページ | 蝉 »