« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/29

【ナビスコ杯】連覇に向けてまず1勝

ジェフ千葉2-1サンフレッチェ広島(フクダ電子アリーナ)

先週末は鹿島アントラーズ相手に善戦ながらフクアリで初めての敗戦を喫し、今期はフクアリで戦績は今ひとつのジェフ。そんな中今日から始まった連覇を目指すナビスコカップ予選リーグは広島相手にまず1勝と幸先の良い滑り出し。今日は平日だったこともあり途中経過と結果しか確認していないのですが、得点経過を見ると後半早々に一度は追いつかれているようですんなりと勝てたわけではないみたい。案の定オシム監督のコメントにも「(同点に追いつかれたことが)そこがうちの欠点だ」とありましたし。

しかしちばぎんカップは別として、今期ようやくフクアリで初の勝利ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/27

今週末が見頃?

気が付くと、つい最近までつぼみだった出先の近所にある公園の桜が、だいぶ咲きそろって満開に近い状態になっていました。

この分だともう今週末が桜の見頃になりそうな感じですね。

お花見しよーぜお花見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/26

井原鉄道

今日は朝から井原鉄道に乗車。神辺まで行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/25

下津井

児島から、下津井電鉄の跡を利用して造られた「風の道」を歩いて下津井まで来ました。今日はこれから岡山に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若桜鉄道

若桜駅まで往復。
今日はいい天気。絶好のお出かけ日和です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよーございます

サンライズ出雲の車両にて朝を迎えました。今日はこれから米子に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/24

これから夜行で旅立ちます

たくさんの切符本日はこれから寝台特急に乗り、旅行に出掛けてきます。

妻とその兄弟は親戚のおじさんに会いに、姪っ子と甥っ子は春休みの思い出にまだ乗ったことのない寝台特急に乗りに、私は訪れたことのない私鉄の数々とついでに廃線跡巡りをし、さらには先日手にしたJALの株主優待券をこの機会に利用する……と今回はさまざまな目的が詰まった旅行になっております。

大人5人に子供2人、しかも乗車駅と下車駅が各々異なる関係上で特急券と乗車券が別になってしまったので、切符の枚数が凄い数になりました(写真)。ちなみに帰りの飛行機は株主優待券の1枚を除いてWebチェックインでタッチ&ゴーする予定なので、今回は携帯も乗車券の仲間ということで(笑)。

18きっぷそして妻と兄弟が親戚のおじさんに会っている間、1人で行動するためのアイテムがこれです(写真)

18きっぷ1日分だけを友達より買いました。なんと今どき手売りの赤い切符です。私も友人も東京暮らしだというのに何故か発行駅は富山県の水橋駅。水道橋じゃないですよ。貴重そうな切符で、下手に汚したり折ったりして返したら友人関係にもひびが入りそうです(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/03/23

お花見スペース争奪戦

ここ数ヶ月の仕事先の近所にある、1~2週間後には桜が満開になるであろう公園の写真です。

道路に挟まれた中を延びるそれほど大きくない公園なのですが、そこかしこにガムテープによる場所取りと紙がぺたぺた貼られています。貼られた紙には日時と名前が記されていて、花見の場所取りのようです。数日前まではそれほど場所取りの数も多くはなかったのですが、今は特に公園中央のベンチや柱は貼り紙だらけで、公園全体が差し押さえにでもあったかのようです(笑)。

桜が満開の頃には、ここで毎日のように宴会が行われる風景が目に浮かびますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

やっぱりフクアリだった

今日初めて見たMAXFACTORのCM、冒頭に出てくるスタジアムってもしかしてフクアリ?

スタジアム前の広場とギザギザの屋根がいかにもって感じだったのですが、何せ映るのが一瞬なのでテレビでは確信できず。わざわざMAXFACTORのホームページで調べてしまいました。

ここで公開されているCMのムービーと、手持ちの写真をよーく見比べてフクアリだと確信(^^)

ジェフサポとしては、要チェックのCMです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

祝・初勝利

ジェフ千葉2-1清水エスパルス(日本平スタジアム)

不調のままホームを後にして、中2日で開幕3連勝のエスパルスとアウェイで対戦……という不安いっぱいの試合でしたが、エスパルスもそろそろ勝ち疲れたのか(?)、ようやく嬉しい初勝利となりました。もっとも前半は先制したもの同点に追いつかれ、嫌な予感はしていたんですけどね。

先日フクアリに観戦に出掛けた時に初めて「オフィシャルイヤーブック」を購入しました。その中に去年の戦績が細かく載っているのですが、ジェフは去年も開幕後3試合引き分けと出だしは良くなかったんですね。今年はそれより勝ち点は一つ少ないですが、まだまだリーグ戦は始まったばかり。これから去年同様勝ち点を重ねて優勝争いに絡んでいくって事でひとつよろしくお願いします。

<日曜日のJFL>
ジェフ・クラブ0-1アローズ北陸

残念ながら開幕戦勝利ならず。次節こそ初勝利を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝・世界一!

今日もやっぱり朝からWBCの野球観戦(^^)

たった今、試合が終了しました。序盤に大量点を取ったのですが、さすがキューバは一筋縄では勝たせてくれなかった。しかし一度も追いつかれることなく、9回にもダメ押しの追加点を取って見事な勝利でした。

思えば2次リーグではアメリカ戦でアメリカ人が審判を勤めたり、重大な誤審があったりと「これはアメリカのための大会だ。」というコメンテータもいましたが、韓国に負けてから後は奇跡の決勝リーグ進出、決勝トーナメントではどちらの試合も日本は休日で、多くの視聴者が見守る中の勝利と「日本のための大会」だったような気も。

ただいまテレビではイチローのインタビューの真っ最中。いろいろあっただけに良い顔してますね。

何はともあれ、祝・世界一!

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006/03/20

身近で感じるダイヤ改正

先週末はJRと民鉄数社でダイヤ改正がありました。

だからといって「出雲」の最後の姿を見に行くことも、新宿から発車する東武の特急「スペーシア」を見に行くことも、はたまたSuicaグリーン券が使えるようになった総武線快速のグリーン車に乗ることもなく過ごしました。ま、今回のダイヤ改正は首都圏ではJRよりも東武鉄道の方が話題が多かったですね。東武をこよなく愛する人々にとっては落ち着かない週末だったかも。

「準急」の種別で、週が開けて今日、その東武のダイヤ改正の片鱗を半蔵門線の某駅で見ました(写真)

先週までの「区間準急」「通勤準急」というパッと見て早いんだか遅いんだか良く分からない種別が消え、「急行」「準急」という新しい表示がお目見え。停車駅は今までと変わらないようですが、東武への運転区間も久喜まで伸びたようです。

ちなみに京成もそうですが、東武ではこれで急行よりも快速の方が停車駅が少ないことになります。既存の種別をいじりたくなかった事情があるとは思いますが、種別の順位が急行→快速という感覚があると違和感感じまくりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/19

やったね決勝進出

予定通り(笑)、午後からWBCのテレビ中継にかじり付いていました。

序盤戦は0点の続く息の詰まる試合。それがホームラン一つで一気に日本に流が傾いたような試合でした。途中雨天中断というハプニングもありましたが見事6-0で決勝進出。

やはり韓国にとっては2回も負かした日本が準決勝に奇跡的に蘇ってきたのが運の尽きだったか。

決勝戦は2日後なんですね。今年の春分の日が21日であった事をありがたく思いつつ、またテレビにかじり付こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/03/18

こんなこともあるんですね

昨日の朝のニュースはイチローの悔しそうな顔が大きく取り上げられていたのが印象的でした。一昨日は韓国戦に破れてWBC準決勝進出が絶望的になり、残る可能性はアメリカがメキシコに2点以上取られて負けた場合……といってもまだ1勝も出来てないメキシコが相手じゃなーという感じで、ニュースでも「これで日本のWBCは終わった」と言わんばかりに昨日の結果を伝えていました。

しかし昼過ぎに入ってきた「アメリカ敗れる」のニュースにはちょっと驚きでした。
考えてみれば日本戦でもあれだけ疑惑の判定が注目を集めたくらいのぎりぎりの勝ちだったし、力をまるで出し切れずに終わってしまったのかなと素人ながら推測。

で、明日の準決勝でまたしても韓国戦ですか。

さすがに3回も対戦すれば1回くらい勝てるだろ、また負けたらイチローが暴れ出すかも(^^;)。それにしても1度も対戦しない相手がいるのに、同じチームと3回対戦するという対戦の組み方というのもどうなんでしょうね。アメリカとの試合でアメリカの審判が出ることは問題だともテレビのニュースでコメンテータが話していましたが、大会運営の仕方についていろいろ論議を呼びそうです。

にしてもWBCは、結果的にですがうまいこと注目を集めましたね。明日の準決勝はおそらくかなり高い視聴率をマークするような予感がします。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

今日も引き分けかぁ

ジェフ千葉2-2アビスパ福岡(フクダ電子アリーナ)

先ほど試合終了。

今日は2回先行されたのを追いついての引き分けだったようなので前回よりはマシかもしれませんが、引き分けは引き分け。失礼ながらそれほど強豪でもない相手に3試合終わって1勝分の勝ち点も取れていないとは、幸先宜しくないですね。

しかも既にホームゲームが2試合。このままでは客足も遠のいてしまいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/16

大雨

久しぶりのまとまった雨ですね。

丁度帰宅時に雨と風が強くなり、コートはびしょびしょになるし傘はお猪口になるわで散々な帰宅となりました。
これから夜中がピークのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/12

ホーム初戦飾れず

ジェフ千葉2-2ヴァンフォーレ甲府(11日)

結果は引き分けですが、ホームゲームで2点先行して追いつかれたとあっては負けたゲームを見た気分でした。負けたけど勝ち点1はもらえたね、みたいな試合。終わった直後の両サポーターの様子もそのことを物語っていた感じで、重い空気のジェフサポータに対してヴァンフォーレ側はJ1にあがったばかりのアウェイの試合で2点差を引き分けに持ち込めただけでもとりあえず良かったという事なのか、結構な盛り上がりを見せてました。

引き分けに終わったから尚更そう思うかもしれませんが、今日はリードしていてもなんか安心出来ない試合でした。走り負けないジェフとは言われますが、ヴァンフォーレのパス回しとかのテンポの速さはなかなかのもの。特に前半15分までと後半1点取られてから暫くは押されっぱなし。しかし試合終了直前のジェフの怒涛の攻めではさすがにばてたのか、試合終了と共に倒れ込む選手が2~3人。

思えば去年の天皇杯でも延長で勝った相手だし、J1上がりたてとはいえ侮れませんヴァンフォーレ。

まだ2試合が終わったばかりなので悲観的すぎるかもしれませんが、ジェフは早くも正念場を迎えたかも。去年はナビスコカップを優勝し、フクアリが出来て観客も増え、スポンサーも結構増えてオシム監督は続投、下部組織のジェフクラブはJFLに昇格……と良いこと続きですが、それだけにここで油断するとたちまち転落の道を歩みかねないような気が。

本日の観客は1万2千人弱。交通至便のフクアリと去年の好成績のお陰もあって観客動員数は増えてはきたもののまだまだ空席が目立つのも事実。もう2~3千人くらいの入りが欲しいところですね。

----
マーくんたちホーム開幕戦では毎年恒例? マーくんほかマリーンズのキャラクターが試合前にフィールドに登場。

そしてジェフィ&ユニティも交えて打ち合わせ中(の様に見える光景)。

試合開始直前に入場門でもらったメガホンプラカードを掲げてホーム側スタンドを黄色に。今回はコーナー自由席に座ったのでこんなアングルでの撮影になってしまいました。サポーター席ではおなじみの横断幕が登場しましたが、ちばぎんカップで登場したらしい「ドクロフラッグ」はやっぱり評判が良くなかったのかこの日は現れず。また、応援ソングにアッコちゃんが復活してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/11

フクアリ到着

今年もここにやってまいりました。

晴れて暖かく絶好の観戦日和。まだ試合開始まで1時間以上あるのでホーム自由席以外は人も疎らです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/03/08

もう一つのリーグ戦 - JFL

今年もJリーグが3月4日・5日に開幕し、ジェフは残念ながら大宮に4点取られて黒星スタートとなりましたが、ま、先はまだ長い。ホーム開幕戦はこれからだし、週末のフクアリではJ1に上がりたての甲府相手に快勝する試合を観戦出来ることを期待しております。

さて、ジェフには今年からもう一つのリーグ戦が始まります。ジェフと言っても下部組織の「ジェフユナイテッド市原・千葉クラブ」(通称「ジェフクラブ」)の方ですが、その舞台はJFL(日本フットボールリーグ)です。

以前友人がこのJFLに在籍するチームを応援していたのでその存在は知っていましたが、Jリーグ(J1・J2)の下に位置付けられているのがこのJFL。ジェフクラブはさらにその下に位置する「地域リーグ」で昇格条件をクリアして晴れてJFLの仲間入りを果たしました。ちなみにJFLにはJ1と同じ数の18チームがあり、ラインナップは以下の通りです。

 YKK AP
 アローズ北陸
 栃木SC
 Honda FC
 佐川急便東京SC
 ソニー仙台FC
 アルテ高崎
 横河武蔵野FC
 佐川急便大阪SC
 佐川印刷SC
 SC鳥取
 流通経済大学
 FC刈谷
 ホンダロック
 三菱水島FC
 FC琉球
 ジェフ・クラブ
 ロッソ熊本

地名の付いたチームから企業名そのままのチーム、大学もあり、佐川さんチームは3つもあったりして、Jリーグとはまた違った新鮮さを感じます。試合はホーム&アウェー方式で34試合。下位2チームは地域リーグとの入れ替え戦があるようなので、1年で出戻りしないように奮起を期待したいところです。逆に今年の愛媛のように、J2への昇格というのもあるようですが、トップチームがJ1にいるチームがJ2に昇格できるのかは良く分からん。

Jリーグの試合もあまり頻繁には見に行けないのでさすがにJFLまではそうそう観戦には行けないと思いますが、試合日程の中には通勤中の電車からいつも見ていて一度はここでのサッカーの試合を見てみたいと思っていた夢の島競技場(10月28日、佐川急便東京戦)もあるので、都合が付けば足を運んでみたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/07

街角AED

フクダ電子のAED最近あちこちで設置が進んでいるらしいAED(自動体外式除細動器)を大手町の駅でも見かけました。これで大手町で心臓が止まっても大丈夫(?)

機器のロゴを見たらフクダ電子製でした。よしよし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/05

開幕戦飾れず

ジェフ千葉2-4大宮アルティージャ(埼玉スタジアム)

前半終わって2-1の速報メールが届いたので幸先順調かと思っていたら、直後に携帯の公式サイトでの経過速報を見てオウンゴールで同点? その後2点も入れられて逆転? ……てな感じでがっくし。そのまま得点も返せなかったようで、開幕戦は負けでのスタートとなりました。

審判の判定にもいろいろあったようで、珍しくオシム監督が試合終了後のコメントで苦言を呈してましたね。

今日は試合が行われていた頃には某所に買い物に出掛け、ついでに来週のホーム開幕戦のチケットを買っていたのでした。という事で私の今年のジェフ生観戦は来週から。ホーム開幕戦という事でイベントもいろいろあり、ロッテのマスコットも応援に来るようなので、是非初勝利を。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/03/04

花粉症

花粉症がそろそろ本格化する季節になってきました。

幸いわが家は夫婦共に花粉症ではありません(現代人ではないとも言う(笑))。しかし、いつ発症しないとも限りません。何故ならば個人差があれ花粉症の抗体の量には限りがあり、その許容量を越えると発症するのだという理論があるからです。

で、この時期テレビでたまに見かけるのが「抗体」を表す器と花粉を表す玉の模型による花粉症発症のメカニズム。器にざらざら玉を投入していって、こぼれたところで残念ながら発症でーすという説明。去年は花粉の飛散量が非常に多かったので、ご丁寧にてんこ盛りの玉を流し込んでいきます。

あの模型を見ると、「人間だれでも身体の容積を越える花粉を吸い込むと、確実に花粉症を発症する」と思えてしょうがないのは私だけでしょうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/03

ワールドベースボールクラシック

仕事から帰ったら、たまたまテレビで中継しているのを見ました。

王監督の姿を改めて見て、随分歳とってみえるようになったなぁと実感。小学生の頃後楽園球場で現役時代の姿を見た私にとっては、何とも言えない気持ちでした。

それにしても終盤だけ見たのでなおさらそう見えたのかもしれませんが、中国弱すぎ。18-2で日本のコールド勝ちでした。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/03/01

東幌糠駅

東幌糠駅10年前の旅行で列車の窓から撮った写真です。

特に思い入れがある駅ではありません。ただ、一時期北海道に多く存在する「仮乗降場」に興味を持ったことがあって、列車からことごとく撮ったその写真の中の1枚です。

仮乗降場とは国鉄時代、地方の鉄道管理局が地元サービスとして設置した「駅より格下の乗降場」の事を言います。国鉄当時は時刻表にも載っていなかった存在でして、東幌糠もそのひとつでした。そしてJR化されてからこれらも全て「駅」に統一され、ここを訪れた時は「駅」として既に時刻表に載っていました。

東幌糠駅普通列車でも通過する列車が多いので降りることもなかったのですが、この時は夕暮れ時で列車内に乗客も少なく、下車する人はゼロ。写真で見るとおり付近は道路が並行する以外は建物もあまり見あたらなくて寂しさが漂う駅でした。

で、気まぐれで写真に撮ったこの駅のことを今更になって取り上げたのは、先日買った時刻表の地図のページで今月17日で廃止になることを知ったからなのでした。

JR北海道の路線内で、今月のダイヤ改正の中で実に7駅が廃止になるようです(旭浜、張碓、中徳富、東幌糠、南下沼、智東、新栄野)。思えば国鉄から民営化になる際にもどこよりもローカル線の廃止が進んだ地域であり鉄道を取り巻く状況が厳しいことは推して知るべしなのですが、路線の整理がついた後も今までにも駅は幾つか廃止になっています。沿線の過疎化は着実に進行しているんですかねぇ。

北海道で唯一JRから第3セクターになった「北海道ちほく高原鉄道」も今年の4月で廃止されるとのことで、北海道の鉄道はますます寂しくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »