« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/27

この1週間はきつかった

ネット上では愚痴や悩みは決して書かないと決めていたのですが、この1週間はその気持ちも揺らいでしまうほどの出来事が多すぎた1週間でした。

仕事上の話なので事細かには語れないですが、今までと勝手が違い、かつ苦手な事を要求される事が多くてすっかり参ってしまった次第です。自分の年齢や立場を考えるとそろそろそういう事にも手を染めていかないといけないことは重々承知していたのですが、それがここ1週間で一気に押し寄せてきた感じがしてすっかり調子が狂ってしまった感じ。今思えばも少し早めに手も打てたのにと後悔する点もあり、問題意識を感じるのが遅い自分にちょっといらだったりもしてます。

ひとまず今週は何とか課題を乗り切ったものの、来週以降無事にこなせるかという不安は依然として残っています。救いなのは6月1カ月間で大体の方向が見えてくるだろうということと、相談出来る相手はいるということですね。

1人で抱え込んでいるのも宜しくないと思い、会社への報告書にも書いたのですがこのブログでもガス抜きさせていただきました。梅雨のような湿っぽい文章で失礼。

今年の夏くらいにこの文章を読んで、「何でこんな文書いたんだか。」と笑っている自分がいることを願いつつ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/21

祝・ナビスコカップ決勝T進出

ジェフ千葉1-0清水エスパルス

今日は引き分けでも決勝トーナメント進出が決まってたんですね。ま、そういう事情が分らない方が勝利をより大きく喜べるのかもしれませんが。

前半はどちらかというと押され気味で得点こそ0-0でしたが、幻のゴールベースでは1-2と1点ビハインドでした(笑)。後半は開始10分くらいまでは押せ押せムードでしたがゴールにはならず、そうしているうちに次第に相手のペースになるも相手も無得点のまま。そして一進一退の攻防が続き、ついに後半35分山岸がゴールを決めて先制します。ゴール後はピンチが続くもしのぎ切って1点差で勝ちました。

ゴールまであとひと息くらいまでのパス回しは良いけれどその後が続かないというシーンが多くて、攻め込まれるシーンも多く負けてもおかしくなかったような試合でしたが、ホームで1万2千人のお客さんを前にして勝利で決勝進出が決められて良かった。果たして連覇なるか楽しみです。

・スタジアム入り前、スタジアム前の広場のテントに「千葉大学提携記念チケット引き換え所」というのがあるのを見つけました。千葉大生に招待チケットが配られたのでしょうか。ちょっとうらやましいぞ現役生。

・試合開始前はやはりオーロラビジョンで巻選手からのメッセージが。W杯ではジェフサポは巻選手の活躍だけを楽しみにしているといっても過言ではありません(^^)。本編だけでなく2回のNGまで律義に流すのが何とも。

試合終了後スタジアム出口で見かけたプラカード(写真)。この先、蘇我駅までの道がただ今混雑中との事ですが、急がずにアリオに寄り道でもしてってねという事か?(笑)。電車利用者としてはアリオの近所にも京葉線の駅があれば考えるんだけどね。ちなみにこの時蘇我駅までの道程は、混んでましたが足留めを喰らうほどではありませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/20

経県値

こんなサイトがあることを教えてもらいました。

経県値&経県マップ

試しにチェックしてみたところ、得点は184点でした。

居住(5点)……東京、千葉
宿泊(4点)……上と下以外の全て
訪問(3点)……埼玉、三重、徳島、佐賀
接地(2点)……沖縄

長年の旅行で未踏の県は無くなりましたが、転勤の経験がないので居住したのは東京と千葉で人生の半分ずつ。近隣の県では埼玉での宿泊経験がありません。
今後上昇の余地があるのは沖縄ですかね。今のところ国内線ターミナルから国際線ターミナルへの移動だけなので(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006/05/15

巻選手 日本代表選出おめでとう

今日はW杯日本代表選手の発表の日でしたが、ジェフサポの人間にとってはタイトルの一言につきます。
何より、今回最大のサプライズとしてニュースで取り上げられているのが嬉しい。

選ばれたからには、W杯で是非活躍してきて下さい。がんぱれっ o(^-^)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/14

さよなら交通博物館

今日たまたま秋葉原に行った時に通りかかったのですが、間もなく閉館するとは知っていた交通博物館の最終日が今日だったようで、建物の周りは大賑わい(写真)で入館券を買い求めるのに長蛇の列ができていました。

さいたま市に移転して新規オープンするのが2007年10月14日とのことです。来年の結婚記念日のイベントにしようかしら(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/13

緑内障3(完結編)

前回GW中に検査した際、視野の精密検査が必要と診断された緑内障の話の続きです。

本日その精密検査を受けてきました。行った検査内容はやはり中心点を見つめながらその周りで光が見えたら手持ちのボタンを押すという検査ですが、使う機械がかなり大きめで前回のものとはだいぶ違います。

……で、検査の結果、結局特に問題無しと診断されましたでした。視神経の4割くらいがダメージを受けたあたりで視野に異常が出てくるそうなので、前回の簡易検査の結果がかなり怪しかったようです。
眼圧も今回はほぼ正常値になっているとのこと。

ただし強度近視の人は緑内障にかかりやすいということ、私の場合若干左側の神経が細くなっているのは確かなようなので、1年くらいおきに定期検診を受けることを勧められました。そんなわけで来年の今頃あたり、眼底検査の定期検診を薦められている妻と共に行くことにしようと思います。

ちなみにここ数日右目の方の下あたりに脂肪のかたまりができているのでついでに相談してみたところ、「清潔にしていれば特に問題ない。」と一言言われておしまいでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/11

徹夜作業

昨日は久しぶりに徹夜で仕事をする目に遭いました。

ちょっとしたトラブル対応だったのですが、手際の悪さもあり作業時間よりも待ち時間の方が長くなって深みにはまってしまい、終わった時にはすっかり始業時刻になってました。
ま、トラブルの方は無事に片づき出社してきた人に引き継いで帰宅。今日は日中に寝るという昼と夜が逆転したような1日でした。出勤するサラリーマンの波に逆らうようにして帰る足取りが重かったこと。

そして妻の方は春に遊びに行った親戚のおじさんが亡くなったということで、本日夜に急遽親戚の元へ出発。落ち着かない出来事が続いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/07

引き分けにてリーグ戦中断

ジェフ千葉1-1横浜Fマリノス(日産スタジアム)(6日)

妻の実家に帰省中でしたが、地上波でのテレビ中継があったのでしっかり最初から最後まで観戦していました。
1点差のリードを最後の最後で守れず、あえなく引き分け。でも「1点取られていなければ」というよりも「もう1点取れていれば」というのが正直な感想。前半に山岸がチャンスをモノにしたものの、後は特に後半はマリノスに押されるシーンが多くて、よくぞこれだけ守りきったという感じ。最後の失点は一瞬「あれ?ゴールラインを割ったのでは?」と思ってしまうボールの転がり方だったのが運の尽きかも。

ジーコ監督も観戦する試合で、やはり日本代表候補の動向を中心に伝えられていたのが印象的でした。「巻カメラ」なんてのが登場していてちょっと笑えました。でも、昨日の巻はあまり活躍の場が無かったのが残念。

順位は暫定5位。今日はあと2試合が残っていますが、ジェフより上位と凄く下位(失礼)のチームの対戦だけなので、リーグ戦中断前の順位は5位で決まりですかね。とりあえず今日の試合は、今の首位の勝ち点25をこれ以上上回らないようお願いします(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の道を行く

順番がすっかり前後してしまいましたが、春の山陰・山陽旅行で若桜鉄道を往復して岡山に出た後の話です。

旧児島駅岡山到着後はそのまま瀬戸大橋線で児島へと向かい、路線が健在だった頃には訪れることが出来なかった下津井電鉄の路線跡へ向かいました。路線跡とはいえ雑草をかき分け道なき道を行くのではなく、全線「風の道」として整備された遊歩道を歩いて行く事になります。

下津井電鉄の旧児島駅(写真)はJRの駅からは若干離れており、駅舎とホーム、さらには当時の時刻表がそっくりそのまま残っています。信号機等の展示物などもここに集められていてちょっとした博物館のような赴きがあり、駅事務所は今でも旅行センターの事務所として使われているようです。なお、下津井電鉄はかつて茶屋町の方にも路線が伸びていましたが、そちらの方向は駐車場があるだけで路線跡の雰囲気は感じられませんでした。

旧備前赤崎駅旧児島駅から数十メートルほど立ち入り禁止区間があり、その跡から「風の道」が始まります。所々架線柱も残され、軽便鉄道の雰囲気が非常に良く残されています。

下津井までの駅のホームは全て残っていて、最初に登場するのは旧備前赤崎駅(写真)。住宅地の中を伸びる遊歩道の中に、ぽつりと対向式のホームが残されています。

大通りを渡る全線に渡って残されている「風の道」も、さすがに大通りは横切れずにぶっつりと途切れてます(写真)。せめて途切れた場所に横断歩道があれば良かったのですが。

旧阿津駅こちらも住宅地のまっただ中にある旧阿津駅(写真)。ホーム片面だけの小駅だったようです。

旧琴海駅阿津の先で一度瀬戸大橋線の下をくぐり海沿いを進みます。周りの人家も途切れ人影も無く、昼間とは言え一人歩きはちょっと怖い区間です。途中の旧琴海駅(写真)はこの駅から見下ろせる街の人達が利用していた駅のようです。なぜかホームの周りに海を見下ろす人の姿をぽつぽつ見かけると思ったら、丁度競艇場が見下ろせる位置にあるための見物客だった模様。

旧鷲羽山駅再び瀬戸大橋線をくぐった先にある旧鷲羽山駅(写真)付近は瀬戸大橋が見渡せる絶好のポイント。

旧東下津井駅旧東下津井駅(写真)は若干ホームが崩れかけてました。ここから旧下津井駅へは山を避けて大回りして進んで行くので、風の道の中で一番駅間距離があります。再び切り通しを通り、大きなカーブを描いて坂を下り、終点の下津井駅へ。

旧下津井駅児島から下津井駅の手前まで風の道が奇麗に整備されていますが、旧下津井駅だけはどうした訳か駅舎が取り払われているだけで荒れ放題でした。近所に車両ともども車庫が放置されており、いずれ大々的に公園にでも整備されそうな感じもするし、計画が挫折してしまったような雰囲気も漂います。

全線歩いて所要時間は2時間と聞いていましたが、結局さくさく歩いて1時間程度で歩き切ってしまいました。後先考えずに下津井まで歩いてしまったのですが、駅の近所をさまよっていると港の方に下津井電鉄運行の巡回バスの停留所があるのを発見。帰りはこのバスを利用して児島駅に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/06

河口湖小旅行

連休の半ばとなる5月の2日~3日にかけて、河口湖に小旅行に出掛けてきました。

フジサン特急小学生の時以来20数年ぶりの利用となる富士急行には「フジサン特急」(写真)という列車が走っているので往路はこれを利用。事前に着席券を電話予約し、当日は発車30分前に大月に着いて最前列の展望席を確保。特急という名前ほど速くもなく普通列車追い抜きもありませんが、観光気分に浸るにはもってこいの列車です。

「天水の湯」の建物河口湖に着いて1日目は、天気が思わしくなかったので雨を避けながらの移動となりました。フリーきっぷで乗り降り自由のレトロバスで久保田一竹美術館下車、そこから徒歩8分の「天水の湯」(写真)にて1度目の入浴。温泉入り後に雨が激しくなってきたので休憩所でひと休みしました。

ケーキセット雨が止んだのを見計らって温泉より「オルソンさんのイチゴ」というカフェレストランまで歩いてコーヒーとケーキのティータイム(写真)を過ごしました。その後再びレトロバスに乗って開運の湯へ何かって2度目の温泉入浴。その後網焼き屋「NAHA」にて夕食をとり、雨の中てくてく歩いてホテルに戻り1日目が終了。

天上山から眺める富士山2日目は天気ががらりと変わって晴れ渡り、昨日は全然見えなかった富士山もその姿を現しました。8時前にはホテルを出て朝食をとり、まずはロープウェーで天上山に登って展望台から河口湖や富士山(写真)を見物。

富岳風穴の氷柱その後西湖を一周するレトロバスに乗り、コウモリ穴・富岳風穴(写真)・鳴沢氷穴を見て回りました。レトロバスは1時間に1本と便が限られているので、観光スポットを巡ってバス停に戻ってくると、大体また同じ顔触れの人達がそこにいます。

西湖西湖巡り(写真)の締めくくりは十二ヶ岳登山口バス停で降り、カフェ「COVA」で昼食を取った後いずみの湯にて今回3度目の温泉入浴。広さや露天風呂があることなどは他と同じですが、河口湖のほとりにある温泉よりも値段は安いです。

橋から見る河口湖温泉入浴の後は再び河口湖にバスで戻り、河口湖大橋を一往復。歩道もあるので橋の上からまた違った湖の姿(写真)が眺められます。

その後土産物屋を巡ったりして過ごし、夕方頃の列車で帰路に就きました。帰りは結局東京まで全て普通(快速)列車を利用したので、えらく時間がかかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

勝って5位に浮上

ジェフ千葉2-0浦和レッズ(フクダ電子アリーナ)

河口湖に旅行に行っている間に、ジェフはGW中の大一番をモノにしていました(^^)

首位チーム相手に完封勝利というのでおおよそ察しはつきますが、公式サイトのオシム監督のコメントを見て判断するに今期の中で一番の出来といってもいい感じの試合内容だったようです。巻もジーコ監督の見ている前でゴールを決めることができ、順位も暫定ながら5位まで浮上。

しかし折角調子づいてきたところなのに、リーグ戦はGW中の次節が終わると7月までしばらく中断なんですよね。GW明けの5月中にでも1回試合を見に行こうと思っていたのに残念。ただナビスコカップの予選は5月中もフクアリで行われるようなので、そちらの方を見に行くことに致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河口湖より帰宅

旅行先でのアップは気まぐれなので中途半端なレポートになってしまいましたが、先ほど1泊2日の旅行より帰宅しました。

1日目は結局河口湖に着いてからの天気が思わしくなく雨を避けながらの旅行になってしまいましたが、2日目は晴天に恵まれ、2日間を通して温泉や食事や湖散策……と十分河口湖と西湖の旅を満喫してまいりました。

普段総武線快速に慣れ親しんでいると中央線の快速列車の停車駅の多さには辟易しますね。なんで中野から高尾まで全部の駅に停まるねん、みたいな。GW中と言えどもホリデー快速は休日のみ運行で、特別快速も走っていない時間帯だったり。ま、早く行きたきゃ特急使えということなのでしょうが、大月までだといまいち特急列車を使う気も起きなくてね……(^^;)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

河口湖2日目

河口湖2日目

今日はいい天気になりました。
富士山も綺麗に見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

フジサン特急

フジサン特急

この特急に乗ってこれから河口湖に向かいます。早く着き過ぎて誰もいないので車内を探検してます。
雨はやんできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小旅行

今日から一泊二日で河口湖に出掛けてきます。ただいま土砂降りの中(涙)、電車は走行中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

緑内障2

先日コンタクトレンズの検診を受けに行った際、「緑内障の検査を受けた方が良い。」とアドバイスされた私。検査を受けに行かないことには落ち着かないので、本日同じ眼科に行ってきました。

検査内容は眼底検査に眼圧検査、医師によるライトを照らされての眼球検査……とここまでは前回のコンタクトの検診とほとんど同じですが、その後は簡単な視野検査と瞳孔が開きっぱしになる(というと何だか物騒ですが(笑))目薬を差されての眼底の撮影が行われました。検査時間はどれもそれほど長くはないのですが、とにかくその間で待たされること。沢山のお年寄りがいて、白内障の検査や手術の予約をしている人が何人もいました。

検査の結果、左目の視神経乳頭に若干の変形と神経のゆがみあり。視野も左目の上部の方にグレーゾーンが見られるとの診断でした。が、元々強度の近視で眼球のふくらみがあるため今日の写真だけでは断定しづらく、視野検査も簡易的なのでもうちょっと詳しい検査が必要との事。結局今日は視野検査の再検査の予約だけをして、薬も特に貰わずに終わりました。

ちなみに緑内障の原因を引き起こす眼圧については、平均よりは高いものの、異常とは断定できない値とのことでした。「時々特に左目が張る感じがするのですが、これって眼圧のせいですか?」と尋ねたところ、「それは単に目の疲れのせいですね。」だって(^^;)。

帰り道、瞳孔の開く目薬の効き目が消えていないので、光や特に白色のものが眩しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »