« 河口湖小旅行 | トップページ | 引き分けにてリーグ戦中断 »

2006/05/07

風の道を行く

順番がすっかり前後してしまいましたが、春の山陰・山陽旅行で若桜鉄道を往復して岡山に出た後の話です。

旧児島駅岡山到着後はそのまま瀬戸大橋線で児島へと向かい、路線が健在だった頃には訪れることが出来なかった下津井電鉄の路線跡へ向かいました。路線跡とはいえ雑草をかき分け道なき道を行くのではなく、全線「風の道」として整備された遊歩道を歩いて行く事になります。

下津井電鉄の旧児島駅(写真)はJRの駅からは若干離れており、駅舎とホーム、さらには当時の時刻表がそっくりそのまま残っています。信号機等の展示物などもここに集められていてちょっとした博物館のような赴きがあり、駅事務所は今でも旅行センターの事務所として使われているようです。なお、下津井電鉄はかつて茶屋町の方にも路線が伸びていましたが、そちらの方向は駐車場があるだけで路線跡の雰囲気は感じられませんでした。

旧備前赤崎駅旧児島駅から数十メートルほど立ち入り禁止区間があり、その跡から「風の道」が始まります。所々架線柱も残され、軽便鉄道の雰囲気が非常に良く残されています。

下津井までの駅のホームは全て残っていて、最初に登場するのは旧備前赤崎駅(写真)。住宅地の中を伸びる遊歩道の中に、ぽつりと対向式のホームが残されています。

大通りを渡る全線に渡って残されている「風の道」も、さすがに大通りは横切れずにぶっつりと途切れてます(写真)。せめて途切れた場所に横断歩道があれば良かったのですが。

旧阿津駅こちらも住宅地のまっただ中にある旧阿津駅(写真)。ホーム片面だけの小駅だったようです。

旧琴海駅阿津の先で一度瀬戸大橋線の下をくぐり海沿いを進みます。周りの人家も途切れ人影も無く、昼間とは言え一人歩きはちょっと怖い区間です。途中の旧琴海駅(写真)はこの駅から見下ろせる街の人達が利用していた駅のようです。なぜかホームの周りに海を見下ろす人の姿をぽつぽつ見かけると思ったら、丁度競艇場が見下ろせる位置にあるための見物客だった模様。

旧鷲羽山駅再び瀬戸大橋線をくぐった先にある旧鷲羽山駅(写真)付近は瀬戸大橋が見渡せる絶好のポイント。

旧東下津井駅旧東下津井駅(写真)は若干ホームが崩れかけてました。ここから旧下津井駅へは山を避けて大回りして進んで行くので、風の道の中で一番駅間距離があります。再び切り通しを通り、大きなカーブを描いて坂を下り、終点の下津井駅へ。

旧下津井駅児島から下津井駅の手前まで風の道が奇麗に整備されていますが、旧下津井駅だけはどうした訳か駅舎が取り払われているだけで荒れ放題でした。近所に車両ともども車庫が放置されており、いずれ大々的に公園にでも整備されそうな感じもするし、計画が挫折してしまったような雰囲気も漂います。

全線歩いて所要時間は2時間と聞いていましたが、結局さくさく歩いて1時間程度で歩き切ってしまいました。後先考えずに下津井まで歩いてしまったのですが、駅の近所をさまよっていると港の方に下津井電鉄運行の巡回バスの停留所があるのを発見。帰りはこのバスを利用して児島駅に戻りました。

|

« 河口湖小旅行 | トップページ | 引き分けにてリーグ戦中断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20962/9941059

この記事へのトラックバック一覧です: 風の道を行く:

« 河口湖小旅行 | トップページ | 引き分けにてリーグ戦中断 »