« 特急田中3号 | トップページ | 今シーズン初観戦 »

2007/04/15

「各駅停車」が意味するもの

今日は朝から情報処理試験を受けに出掛けていました。

試験会場が東大だったので、お茶の水まで総武線(黄色い電車)でお出掛け。折しも今日は、新宿駅の高架橋掛け替え工事があって中央線の赤い電車も三鷹まで各駅停車となるようで、車内アナウンスでもその旨が伝えられてました。

ところがお茶の水に着くと、いつもどおり黄色から赤い電車に乗り換えようとする人が結構いること。

三鷹より先に行く人がどれくらいいるかは分かりませんが、赤い電車も各駅停車ということは今日に限っていえば今乗ってきた黄色い電車に三鷹までは絶対追いつけないわけで、車内アナウンスが意味するところが伝わっていないのか、それともいつもの習慣で乗り換えることだけが意識にあってアナウンス自体意に介していなかったのか……。

総武線で「本日はこの電車が三鷹まで先に到着します。」という言い方のアナウンスをしていれば、「乗り換え客数」がまた違ったことになっていたかもしれませんね。

|

« 特急田中3号 | トップページ | 今シーズン初観戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「各駅停車」が意味するもの:

« 特急田中3号 | トップページ | 今シーズン初観戦 »