« 高知旅行-土佐くろしお鉄道 | トップページ | 高知旅行-土佐電鉄1 »

2007/05/13

DoCoMo 2.0

一昨日、新聞広告とテレビコマーシャル、車内の中吊り広告の3カ所で「DoCoMo2.0」の広告を見ました。
 どんな技術を使うかはヒミツ
 絶対にマネできないケータイついに完成(今のところ)
などというコピーが書かれており、具体的な内容については何も触れず。

以前、「Web 2.0」という言葉を耳にした時、長年この世界に慣れ親しんでいるというのにその意味が分からなかったのでこっそり本屋で関連書籍を見たところ、「明確な定義づけがなされている訳では無く、最近のWebの技術動向やトレンドを総称する言葉」なんてITらしからぬ漠然とした意味だと知ったことがありましたが、何かそれに近い意味合いを感じますね。

それにしても今でも若干余計とも思える技術や機能万歳の携帯電話、さらにどんな機能を加えて登場するのか。

話は変わりますが、人口の90何パーセントをカバーしているというのに妻の実家は今まで携帯の圏外だったのですが、この度めでたくアンテナが建ちました。

……auだけね。市側は携帯各社に依頼をしていたようですが、auが名乗りを挙げたら他社は降りてしまったそうです。

そして妻の実家の家族は今、一家そろってDoCoMoからauへ乗り換えました。そりゃ当たり前ですね。すると妻もつい最近まであまり好きでなかったはずのauに乗り換えたいオーラをびしばし放つように。そう言えば父も含め私の知り合いも気が付けばauだらけ。やはり今はauに魅力を感じる人の方が多いんでしょうね。電話番号も変えずに携帯会社は変えられるし、もはやDoCoMoにしがみつく理由もあまり無いのかなと。

もともと他社ではつながらないような場所でも使えるのはDoCoMoの魅力だったはず。「絶対にまね出来ないケータイ」もいいけれど、携帯電話は通話やメールが使えてこそケータイ。当初の魅力を維持する努力も怠り無く。

|

« 高知旅行-土佐くろしお鉄道 | トップページ | 高知旅行-土佐電鉄1 »

コメント

>Pさま

 我が家は巨人「DoCoMo」でも、人気「au」でもなく、J-PHONE,じゃなかったVodafoneじゃなかったSoftBankモバイルを使ってます。
 何がいいって、国際ローミングに一番早かったのと、安い・・のがとりえです。 携帯電話は日常定期的に使うことはないのでプランも一番安いホワイトプランに変えました。 SBモバイルは純減収になりましたね。

投稿: しみず | 2007/05/13 11:10

しみずさん

最初は0円広告が問題になって出足をくじいたソフトバングも、最近は利用者数が伸び始めたみたいで。

こうなると伸び悩んでいるのはドコモだけ?

投稿: P | 2007/05/16 22:16

 こんばんは。私も先々月に、ドコモからauに乗り換えました。

* 一昨日、新聞広告とテレビコマーシャル、

 「DoCoMo2.0」というのはそういう意味だったのですかぁ。

 最近、携帯の機能は盛りだくさんですが、実際にはなかなか使いこなせません。通話とメールの機能がちゃんと使えることが肝心ですね。

投稿: たべちゃん | 2007/05/18 23:48

おお、ここにも乗り換え組が。

投稿: P | 2007/05/20 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20962/15049240

この記事へのトラックバック一覧です: DoCoMo 2.0:

« 高知旅行-土佐くろしお鉄道 | トップページ | 高知旅行-土佐電鉄1 »