« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/03

高知旅行 - 桂浜とはりまや橋と高知城

はりまや橋高知旅行の最終日。半日かけてはりまや橋と桂浜、高知城に足を運んできました。

はりまや橋は市街地の真っ只中にあります。既に川は埋め立てられており、以前訪れた時は見落としがちな欄干だけが残されていました。そんなわけで「三大がっかり名所」などと揶揄されていたりもしたのですが、そんな状況を打破しようとしたのか、今回訪れたら親水公園とともにこんな太鼓橋(写真)が造られていました。ま、これも取って付けた様な建造物と言われればそこまでですが、記念撮影の対象に出来そうなものがあるだけマシ。実際橋をバックに記念撮影をする観光客が何組かおりました。

桂浜そして桂浜の方は高知駅から桂浜行きのバスに乗り、ひたすら南下して40分程で到着します。桟橋通5丁目までは路面電車の通じている道を走るので、行き帰りに路面電車と組み合わせて訪れることも可能。

バスターミナルから海に出るには何処を通っていったらいいのかよく分からなかったのですが、坂本龍馬の像のある広場を経由したら海へ出る事ができ、そこには広々とした砂浜(写真)が目の前に広がります。朝方降り続いていた雨が上がり天気はまあまあでしたが、波が高めでした。

竜王宮展望台から見る海の眺め。眼下に竜王宮(写真)があります。

高知城桂浜からまた高知市街へ戻り、土佐電鉄の高知城前停留所より歩いて高知城(写真)へ。

天守閣城の中に入る事ができ、城の中の部屋の様子や当時の城の様子を模したミニチュアの展示などを見て回る事が出来ます。そして展示物を見つつ天守閣のてっぺんまで行くと、そこからは高知の街(写真)が一望。豆粒のように小さいですが、路面電車が街を走る様子も見る事が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

高知旅行-土佐電鉄3

高知駅前少し間が空いてしまいましたが、高知旅行と土佐電鉄の話の続きです。
残る南北に伸びる路線は東西の路線に比べてごく普通(?)の路面電車の路線です。

起点の高知駅前(写真)はJRの駅を出てすぐのところ。以前訪れた時と停留所の位置が変わったような。

桟橋通2丁目停留所はりまや橋を渡り、道路上の真ん中をまっすぐ進んでいきます。桟橋通○丁目という停留所がいくつも続く路線。停留所の間隔も比較的短めです。写真は桟橋通2丁目付近からはりまや橋方面を写したもの。次の桟橋通1丁目の停留所がすぐそばにあります。

車庫桟橋車庫前の停留所そばには停留所の名前の通り電車の車庫(写真)が。

広告用の電車
翌日は電車まつりというのがあるらしく、桟橋車庫前の停留所から車庫に帰っていく広告用電車(写真)の姿が見えました。

桟橋通5丁目そして終点桟橋通5丁目は道路を挟んで目と鼻の先(写真)です。錆びれたポールと見落としそうなプラットホームがあるだけでただの折り返し場所と思われそうな停留所。

桟橋通5丁目
多分普通に利用する分には桟橋車庫前の利用で十分事が足りてしまうと思いますが、乗りつぶしを目指す方は末端区間の乗り忘れにご注意を。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »