« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/29

日光へ行ってきました

りょうもう号先週3連休の中日に、日帰りで日光と鬼怒川温泉に出掛けてきました。

新宿より「スペーシアきぬがわ」に乗車。自宅からですとむしろ浅草の方が近いのですが、新宿発のスペーシアに乗るのが今回の目的のひとつでもあったので(笑)。鉄的には大宮を出て東武野田線の電車を一気に追い抜いて走ったり、久喜で「りょうもう」と並んで走ったり(写真)とこちらはJRの路線を走りつつ東武の車両同士が併走するというなかなか興味深いシーンが見られます。もち、栗橋でJRから東武の線路へと移動する区間も目が離せず。

神橋そんなこんなで、久しぶりに日光へやってきました。

ゆるい坂道を歩き、神橋(写真)に到着。現在橋が有料で公開され往復出来るようになっていたので橋を歩いてきました。神橋からの大谷川を眺めたほか、橋のすぐ隣にかつて走っていた路面電車の橋脚が残っているのも忘れずにチェック。

陽明門東照宮(写真)は予想以上に混雑がすごくて混雑で進むに進めず、あまりゆっくり見ていられなかったのが残念。明らかに人の量が境内のキャパシティを超えていて、眠り猫の先にある奥宮へは長蛇の列が出来ていて一行に前に進めず途中で諦めて引き返しました。それにしても小学生の頃に来たはずなのに神厩舎(見ザル・聞かザル・言わザルの彫刻がある建物)と陽明門、眠り猫の位置関係が全く記憶に残っておらず、今回訪れて改めてその存在位置を認識。

おみくじがいっぱいそして、東照宮の隣にある二荒山神社にもお参り。おみくじが笑えるくらいたくさん並んで(写真)いました。

鬼怒川温泉駅再び東武日光駅前に戻って土産物屋で時間をつぶした後、鬼怒川温泉へと移動。日帰りの予定だったので駅から歩いて行けるホテルで日帰り入浴をした後に、残席2となっているところをゲットした特急「きぬ」(写真右)で浅草に帰ることにしました。温泉は広々として良かったですが、まだ7時前だというのに駅前を始めとして店がどこも開いていなくて夕食はやむを得ず駅前のコンビニで食料を調達する羽目に。こういう所は宿泊するならともかく、夕方になってから来るもんじゃないですね。

駅前もほとんど人がいなくてさびしい限りでしたが、鬼怒川温泉から乗った帰りの特急電車はいつの間にか席がすべて埋まり、賑やかになって一路浅草を目指して進んでいきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/11/07

昔のCD買ってみたら……。

最近手持ちのCDをせっせとMP3ファイルに落とし込んでおります。

iPodなんて流行のものは持ってません。最近使っているのは携帯電話のオーディオ機能と風呂にも持ち込める防水型プレーヤー。どちらもMiniSDカードやUSBメモリに曲を詰め込んで聞くスタイルで、長年愛用しているザウルスも携帯性はいまいちですがMP3ファイルの音楽を聴く機能があります。

少し前まではMDプレーヤーを使っていて、これはこれでコンパクトで良いと思ってましたが、最近じゃMDすら持ち歩くのが煩わしく思うようになりめっきり使わなくなりましたね。

でも、はるか昔にダビングしたテープ(MD)にもお気に入りの曲はあるもので、今更ながらCDを入手したいと思ったりするのでした。

荻野目洋子「NON-STOPPER」その中の一つ、もはや20年も昔の高校生の頃に姉が友人から借りてきたものをさらに借りてダビングした中にお気に入りの曲がありました。荻野目洋子「NON-STOPPER」(写真)というアルバムにある「NONSTOP DANCER」という曲。当時はしょっちゅうこのCDからダビングしたテープを聴いていました。

で、その当時は特に好きなアーティストもいなくて自分でCDを買うことなどほとんど無かったのですが、その時何故か「NONSTOP DANCER」という曲を聴いて何となく「渡辺美里がこんなような曲を歌っていた気がする」と思ったのでした。

具体的にどの曲と似ているかということもなく、漠然とそう思っただけ。ところがその感覚が何故かココロの中で発展し、いつしか渡辺美里のCDを買い集めるようになり、さらに夏には西武球場にまで通うまでに至ってしまったのでした。物事何がきっかけになるか分かりません。

さて、結局最近めっきり少なくなった中古CD屋さんを何件か探した結果、神保町のとある店でCD「NON-STOPPER」を入手。もちろん即日MP3化致しました。

ところで当時はお気に入りの曲といえど誰が創った歌なのかはあまり興味が無く、作詞・作曲者も全く知らなかったのですが、20年ぶりにCDを手にしてその事がふと気になり、中古なので留め金が錆びた歌詞カードをめくり、早速確認したでした。

NONSTOP DANCER
川村真澄・作詞 小室哲哉・作曲

これ、My Revolutionと全く同じコンビじゃん……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/02

そうだ、京都行こう2

阪急嵐山駅折角長岡京まで来たので、朝のうちに一人で阪急嵐山線(写真)を1往復。この日は朝から雨でした。嵐山駅は嵐電の駅とは桂川を挟んで離れた所にあり、地図を見ると嵐電・阪急・トロッコが全く別々の場所に「嵐山」駅を設けているのが分かります。

清水寺2日目は長岡京駅より京都に出て、バスで清水寺(写真)へ向かいました。路線バスを利用するとバス停からひたすら上り坂を歩いて行くという苦労が味わえます(笑)。ご多分に漏れず清水寺も観光客で大賑い。清水の舞台からは遠く京都タワーなども見渡せました。

音羽の滝音羽の滝(写真)には雨の中、学問成就・恋愛成就・延命長寿の御利益にあやかろうとする長い列が出来ており、前を通り過ぎるだけでパス。

平安神宮清水寺を後にして、続いてバスで平安神宮(写真)へ。「京都会館美術館前」という、一見神社と無関係な名前のバス停で降りると巨大な鳥居が。境内に入ると、修学旅行で見覚えのある朱を基調とした社と広々とした敷地が目の前に広がります。

ケーブルカー平安神宮から先の予定はあまり考えていなかったのですが、叡山電車で比叡山や鞍馬寺へ足を運ぼうと思い、京阪電車で出町柳へ。フリー切符を買い求め、電車で八瀬比叡山口へ行き、さらにケーブルカー(写真)とロープウェイを乗り継いで比叡山山頂へと向かいました。

残念ながらケーブルカーの終点に着いた時点で既にあたりは霧に包まれており、頂上は辺り一面白の世界でした。

パノラマ電車比叡山を引き返し、宝ケ池駅からパノラマ電車(写真・鞍馬駅)に乗って今度は鞍馬方面へ。比叡山口行きの電車とのグレードの差から判断するに、叡山電車は鞍馬方面の輸送の方に力を入れているような感じがしますな。

市原駅途中で千葉県市原市には無い市原駅(写真)に停車します。
昔「市原駅を駅すぱあとで検索したら京都に連れていかれた。」と言われた事がありましたっけ。

鞍馬山からの眺め鞍馬駅より鞍馬寺へと向かい、境内にあるケーブルカーに乗って拝殿へと向かいます。山を登った先にある展望台からは雲を眼下に望む(写真)ことが出来ました。

京都タワー鞍馬から再び京都市街に戻り、辺りはすっかり暗くなって閉門後だった京都御所を経由、京都旅行の最後は京都タワー(写真)に上って夜景を見物。夕食を取った後に東京へ戻る最終のぞみの1本前に乗って、帰宅の途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »