« 高雄85大楼・臨港線遊歩道 | トップページ | いやはや »

2008/10/16

秋田こまち旅行

先週の3連休、「3連休パス」を利用して秋田に出掛けてきました。

こまち71号3連休直前にプランを立てたので、辛うじて指定券が取れた「こまち71号」(写真)で角館へ。おかげで朝6時に東京を出るプランとなり、9時半には角館に着いてしまいました。この列車も当日は満席になっていたようです。

武家屋敷角館でほぼ半日街歩きしてました。武家屋敷(写真)を散歩したり、醤油醸造元の安藤家で味噌・醤油、漬物の試食をしたり、昼には稲庭うどんの昼食を食べたりして過ごしました。期待していた紅葉はまだちょっと早かったみたいで残念。

角館散策後、その日は秋田で1泊しました。

矢島駅翌日は午前中に由利高原鉄道(写真)を往復してきました。往路は年配の旅行客が結構いてそこそこの賑わいを見せる車内。復路はそれらの人もいなくなってしまい、のんびりとしたローカル線に戻りました。

日本海の眺め午後は再び秋田に戻り、リゾートしらかみで五能線を走破。こちらも直前の指定券取得だったため海側の席が取れず、しかも午後の列車だったので五能線の終わりの方は日没で真っ暗な中を走行することになりましたが、展望サロンや空いていた窓際の席に適宜移動し、沿線すぐそばまで迫る波しぶきの舞う日本海(写真)や夕日の眺めを楽しんでいました。

十二湖駅学生時代に訪れてから御無沙汰だった五能線はすっかり観光路線として変貌を遂げてました。十二湖駅(写真)はその当時は臨時駅扱いで駅舎もホームも古ぼけたものしか無かったのに、今は偉く立派なものに代わっています。

五能線で弘前駅に到着した後、特急あけぼので鷹巣へ。この時間帯、特急での移動はこの列車しかなく、寝台を使う訳でも無いのにB寝台のボックスに収まり、見ず知らずの人と向かい合って若干気まずい1時間を過ごしましたが、座席利用の乗客は結構多い模様。乗車した4号車はベットの用意はされてませんでした。そしてこの日は駅前に何も無くてさみしかった鷹巣に1泊。

のーそんテレビ「何コレ珍百景」で紹介された「のーそん」(写真)をホテルの近くで偶然発見。

急行もりよし号3日目の午前中は秋田内陸縦貫鉄道に乗り角館へ。阿仁合までは普通列車に乗ります。鷹巣発車時点で結構な賑わいをみせていた車内が、温泉がある阿仁前田などでさらにお客を拾って1両しかない車内は大盛況に。

阿仁合からは急行「もりよし」(写真)に乗って角館へ。

比立内川の渓谷比立内を出て、沿線で最も風光明媚な場所と放送案内のあった渓谷(写真)を鉄橋で渡ります。列車もこの区間だけは最徐行し、その景色を十分楽しめるよう乗客にサービス。ここでも紅葉の見ごろはやはりもう少し先のようで。

こまちプリン秋田内陸鉄道で製造しているらしい、お米で作ったプリン「こまち」(写真)を車販で購入。

田沢湖急行もりよしで角館に到着した後は、すぐに新幹線こまちとバスの乗り継ぎで田沢湖(写真)へと移動しました。田沢湖に着いた午後は昼食の後ボートを借りたり、遊覧船に乗って「たつこ像」のある場所まで往復したり、ホテルにある温泉に入るなどして半日を過ごしました。

田沢湖の陽が傾くころ、バスで駅に戻り、こまちに乗って東京へと帰還。3連休を朝から晩まで、時間と切符をフル活用した旅行は無事に終了しました。

|

« 高雄85大楼・臨港線遊歩道 | トップページ | いやはや »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田こまち旅行:

» リラックマ 壁紙 [リラックマ 壁紙]
リラックマ かわいい [続きを読む]

受信: 2008/10/16 23:03

« 高雄85大楼・臨港線遊歩道 | トップページ | いやはや »