« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/30

石勝線

久しぶりに北海道の路線のページを追加しました。

石勝線

そのうち夕張駅や新夕張近辺のページなども追加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/29

島原鉄道その2

島原鉄道の島原外港から先、廃線となった加津佐までの区間のページを追加しました。
島原鉄道(島原外港-加津佐)

雲仙普賢岳の噴火によって一度は寸断された鉄路を見事に復活させたのに、それから10年経たないうちに廃止となってしまいました。訪問時は諫早から片道2時間半の距離を一気に往復。のどかな風景とは裏腹に結構ハードな旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェフ千葉2-2アルビレックス新潟

先ほど試合終了。

国立競技場での初勝利以来また勝てませんでしたが、今日は2-1から終盤に追いついて引き分けに持ち込んだのでちょっと安心という感じ。

GW中は今日も含めて3試合くらいあるようです。この期間中に1勝くらいはしたいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/27

島原鉄道

長崎本線の諫早から分岐して、島原鉄道のページを追加しました。
島原鉄道(諫早-島原外港)

ホントは加津佐までの区間のページもアップしたかったのですが、時間の都合でまずは現存区間だけを。全区間通して車窓に広がる島原湾の海と、あとは何より普賢岳の眺めが印象的な路線でした。

ところで、土曜日にROOM「P」のトップページのデザインを変えまして、今まで別のページだった鉄道WebTripのトップもこのページに統合しています。ブログパーツ(ブログじゃないけど)も今のところYahooのニューストピック一覧だけですが、もう少しいろいろ便利なパーツを使ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/24

長崎本線

長崎本線のページを追加しました。

長崎本線

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/19

国立競技場で今年初観戦

FC東京1-2ジェフ千葉(18日)

聖火台今期始めてのジェフ千葉の試合を観戦してきました。

それがアウェイの試合というのも何ですが、かつてはジェフもここでホームゲームをしていた頃がしのばれます(ま、その頃は入場者数はホームとは思えないほど惨憺たるものでしたが(笑))。

アウェイのスタンドはコンパクトに納められていたこともあってか結構席が埋まってました。予想はしてましたがやはり試合開始前は「2016年東京オリンピック招致」のイベントに付き合わされ、でもそのおかげでオリンピック以来という国立競技場の聖火点灯(写真)という貴重な瞬間に立ち会うことが出来ました。

オーロラビジョンに映った歌詞試合開始前に流れていた「スタジアムへ行こう」(写真)の歌。なんだろこの妙な歌は。

今年のリーグ戦まだここまで1勝もしていなかったジェフ。
そんな状態でのアウェイ戦なので相当苦戦することが予想されましたが、早くも前半18分に石川に決められて1-0。後半もオフサイドで幻に終わったけれどゴールを決められるシーンがあり、1-0のままでしたが後半40分も過ぎると「運が良くても引き分けかな。。」と思わずにはいられなかったのでした。

勝利の瞬間が、前年最終節、2-0からひっくり返して奇跡の残留を決めた時のFC東京が相手。しかもいい加減1勝くらいしないとやばいという危機感もあったはずで、もしかすると何かあるかも、という期待もちょっとはあったんですね。

結局その期待が当たりました。後半41分、それまでなかなかシュートも決められなかったのに一瞬のチャンスをものにして巻がゴール決めて同点。もしここまでのリーグ戦で既に1勝くらいしていたら土壇場で同点に追いついたことに満足してしまって引き分けで終わっていたのかも。しかし今日はそれだけでは満足できない状況。その思いが通じたのか3分後に深井がゴールを決めて逆転。この3分間はそれまでのジェフは何だったんだろと思うくらい怒涛の攻撃が続いていました。おかげさまでアウェイスタンドは狂喜乱舞の状況でしたが、たぶんスタジアムの大半のエリアでは相当盛り下がっていたんだろうなと(^^;)

ジェフ応援号この日はJR東日本も「ジェフ応援号」(写真)という団体列車を走らせていて、両国駅でその帰りの電車を目にすることが出来ました。うーんでもこの列車の見た目にいかにもぼろいこと。せめていつもの房総特急にすればいいのに。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥羽本線

前回に引き続き、奥羽本線の新庄から秋田までのページ他を追加しました。
奥羽本線(新庄-秋田)
中央線(信濃町駅を追加)
京浜東北線(新橋駅を追加)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!初勝利

勝利の瞬間夜中の11時くらいに帰宅しました。

詳しい話はまた後ほどアップしますが、とにかく劇的な逆転で今季ようやく初勝利です。FC東京とは相性いいのかな?
深井が決勝弾を決めてくれると夫婦で喜べるのでありがたいです(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/18

今期初観戦

今期初観戦
と言っても国立競技場のアウェーの試合ですが。
あと30分でキックオフです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/17

ROOM「P」今週の更新

伊予鉄道に引き続き道後温泉のページを追加したほか、奥羽本線(山形線)、武蔵野線、常磐線の写真を追加しました。

道後温泉
奥羽本線(山形線)(山形新幹線のページを更新)
武蔵野線(新松戸を追加)
常磐線(新松戸・北小金を追加)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/12

伊予鉄道

郊外線3路線に続いて、伊予鉄の市内線(路面電車)のページを追加しました。

伊予鉄市内線
大手町/花園/城南線(松山駅前・松山市駅前-道後温泉)
城北線ほか(松山市駅前-古町-松山駅前-松山市駅前)
本町線(西堀橋-本町六丁目)

1日乗車券を使って道後温泉や市内の観光地めぐりをするのにも便利だし、大手町の路面電車が踏切を待つ姿や城北線の専用軌道を走る姿など鉄ちゃん的に興味を引く(笑)スポットも目白押しなので、これまで3回くらい松山を訪れた時に乗り回ってます。最後の訪問が10年位前なのですが、今は写真で取り上げた以外のもっと斬新なスタイルの車両や、「坊ちゃん列車」というのも走っているようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/08

伊予鉄道

ROOM「P」 鉄道WebTripの以下のページを更新しました。

伊予鉄道横河原線
伊予鉄道高浜線
伊予鉄道郡中線
JR予讃線(伊予市駅を追加)

伊予鉄道を含めて松山には3回くらい行きましたが、一番最近の訪問でももう10年前ですね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/05

桜2

3月中は満開まであと一息だった桜も今週は見ごろになったとのことで、昨日はまた花見に出かけてきました。

文学の道同じような写真を先週も撮った気がしますが(笑)、先週とは見違えるくらい綺麗に咲きそろった桜。花見を兼ねて散歩する人もいて街中の小道が多くの人で賑わってました。

靖国神社そして地元を離れて市ヶ谷へ。こちらの桜も満開です。

千鳥が淵千鳥が淵の桜は2年ぶりに見ましたが、いつ見ても見事です。先々週にはほとんど誰もいなかった歩道は鈴なりの人が出来ていてなかなか堀が見られない(笑)。でも身動きが取れなかった一昨年よりは人が少なかった気がしますが、歩いた区間が前と違ってたのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮からミサイル2

今度こそ発射されたみたいです。
11時30分に発射の模様。

昨日に引き続きテレビ番組がいっせいに特番に切り替わりましたが、幾分昨日より落ち着いている感じがしますね。

最新の情報で、既に太平洋へ通過したようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/04

中正紀念堂とか

ROOM「P」 鉄道WebTripの以下のページを更新しました。

○台湾
中正紀念堂(「台湾民主記念館」になった後の写真などを追加)

○日本
中央線(代々木、新宿駅を追加)
芝山鉄道(京成線を走る芝山鉄道の車両を追加)

「台湾民主記念館」には去年の春に訪れましたが、その変貌振りにはびっくりでした。政権党が変わってまた中正紀念堂に戻すようで、次回訪れる時には元の姿に戻っているかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

北朝鮮からミサイル

先ほど北朝鮮からミサイルが打ち上げられたというニュースが流れました。

テレビがいっせいに特番に切り替えられましたが、直後に政府から「誤探知だった」という発表があったらしいです。

日本に落ちる可能性は低いとのことで国民は普段どおりの生活をとのことですが、何かテレビ番組がてんやわんやな状態です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/01

予讃線

高松より、宇和島までの予讃線の2ページを追加しました。

予讃線(高松-松山)
予讃線(松山-宇和島)

どちらも一気に乗ってしまってたので、距離が長い割には写真は少なめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »