« 娘本格始動 | トップページ | 顔文字 »

2010/05/12

有楽町線準急

今頃になって気がつきましたが、有楽町線って準急止めちゃったんですね。

池袋から和光市まで、路線図にあった「準急通過駅」の表記が無くなったのを見て、初めてその事実に気がつきました。

思えば副都心線開業と共に登場した準急でしたが、副都心線の急行列車が池袋から先も急行運転なのに対し、有楽町線準急は池袋からは各駅停車。準急運転区間も先行列車を追い抜く手段が無く、意味が無いと判断して止めてしまったのでしょうか。

通過となった駅の列車本数が減るだけの中途半端な優等列車って短期間で淘汰されるような気がします。かつて実家のある内房線にも千葉から木更津・君津までの区間しか運転しない快速列車というものがありましたが、あまりにも不評だったのか登場してから1年くらいで廃止。有楽町線準急もやっぱり同じように不評だったのかな。

豊洲の未使用の中線に待避線を敷いて、新木場から有楽町まで豊洲と銀座一丁目しか停まらない、とか言う準急運転があったら、ちょっと利用価値があったかも。

|

« 娘本格始動 | トップページ | 顔文字 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有楽町線準急:

« 娘本格始動 | トップページ | 顔文字 »