« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013/10/29

HP更新:筑豊本線(原田線)

原田線筑豊本線(原田線)のページを更新しました。

筑豊本線(原田線)(桂川-原田)

筑豊本線と言いつつ、いきなり本線のメインから外れた区間からのご紹介。個人的には博多の近郊の路線でありながらのどかな景色が楽しめるこの区間は結構好きで、今回で乗るのは3回目(笑)。車両のいつの間にかステンレス車体のスタイリッシュなディーゼルカーになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/10/27

旅と鉄道

旅と鉄道数年ぶりに「旅と鉄道」(写真)を買ってきました。定期号ではなく増刊号のようですが。

学生から社会人になって数年までの間は定期購読し読者投稿まで行ったこともある同誌ですが、いつの間にか買わなくなってしまい雑誌自体も一度休刊になってしまったようでした。その同誌を特集に引かれて久しぶりに購入してきました。

種村直樹氏の「鉄道旅行術」と旅と鉄道誌に連載されていたコーナーを単行本化した「汽車旅相談室」の2つの本は、私が鉄道旅行を始めたきっかけを造った本です。もともと家庭環境のため(笑)鉄道は小さい頃から好きでしたが、その鉄道を「乗り歩く」というスタイルの旅行がある(そういう旅行をしている人たちがいる)という事を知ったのが「汽車旅相談室」という本でした。とは言え当時中学3年生の受験生だった身ですぐには実践も出来ず、晴れて高校生になってから高校生になってから身近な路線からの鉄道乗りつぶしや旅行を始めたのでした。

鉄道旅行術と汽車旅相談室中学・高校生当時に買った本は、今はでほとんど捨ててしまっていたり実家に置き去りにしたままですが、「鉄道旅行術」「汽車旅相談室」の本(写真)は今でもちゃんとこんな感じで手元に置いてあります。あまり保存状態はよろしくありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/14

結婚記念日

キャンドル三連休の最終日は12回目の結婚記念日でした。
毎年恒例、年に1度だけ出てくるキャンドル(写真)登場。

今年は予想はしていましたが、誕生日のお祝い以来ろうそくを見ると吹き消すことを覚えてしまった娘との、点けては消し点けては消しの攻防戦が繰り広げられました(笑)。きりが無いのである程度まで点けてから後は、娘が寝た後でまとめて燃焼しました。

特にご馳走は用意しなかったですが、ケーキを買ってささやかにお祝いしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HP更新:篠栗線

福北ゆたか線ロゴ篠栗線のページを更新しました。

篠栗線(福北ゆたか線)

篠栗線、というよりは今は「福北ゆたか線」という路線の一部をなす区間です。初めて乗った時はまだディーゼルカーで、写真も撮らずに一気に乗りとおしてしまい乗った記憶もほとんど無いという状態でしたが、今回出張で改めてじっくり乗る事が出来ました。

列車は頻繁に走っているけど単線、なので朝の通勤時間帯は各駅で列車交換待ちという苦しい運用を行っている路線。逆に列車本数が少ない筑豊本線区間の方が複線というなんとも皮肉な路線形態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/06

市川まつりと手児奈まつり

本日は、毎年恒例の市川まつりの日でした。

去年まで住んでいた家からは太鼓の音やスピーカーからのアナウンス、さらにはこの日だけ歩行者天国を避けて家の前を経由するバスなどで祭りの雰囲気が伝わってきたのですが、今の自宅からはそのような雰囲気がまるで伝わって来ず(笑)。ま、それでもお祭りの見物に行こうと昼過ぎに家を出たのでした。

手児奈神社の神輿家から真間山の参道方面に歩くと、まずめぐり合ったのは手児奈神社からの神輿(写真)を担ぐ人たちの集団。手児奈まつりも市川まつりと同じ日に実施されるのですね。こちらのお祭りの様子を見たのは今回が初めてでした。真間小学校から手児奈橋を渡った先の手児奈通りは歩行者天国になっており、出店などが連なっていました。

市川まつり会場そして真間銀座通りへと足を進め、パンフレットを貰ってスタンプラリーのスタンプを集めながら市川まつりの歩行者天国(写真)を散策。
途中の会場ではパトカーの試乗会も行われていたので、列に並んでパトカーの運転席から顔を出して記念撮影などもしました。

市川まつり会場国道14号を渡った先も歩行者天国は続いていて一層の賑わいを見せており、まだ昼ごはんを食べてなかったので出店からの焼き鳥などの香りがおなかに染みるのですが、娘がまだそういった食べ物をあまり食べられないので、昼食はシャポーの中の店で取りました。

手児奈神社の神輿昼食後にシャポーの外へ出て市川駅前のところで、手児奈まつりのお神輿の団体と再会。

チーバくんスタンプラリーのスタンプを集め終えて、景品が当たる抽選会の抽選券との引き換えを行いに先ほどパトカーの試乗もした場所にある引き換え所に足を運ぶと、近所にはチーバくんの姿がありました。娘は大喜びでチーバくんに近づいてタッチを繰り返していました。

地震体験車抽選券の引き換えも終わり、一旦家に戻ってから抽選会の時間にまた出掛けてこようとおやつのお団子も買って家に帰りかけたのですが、娘がわたあめを欲しがるのでわたあめの列に並び、地震体験車が止まっていたので「震度7」の揺れを経験してみようと列に並んでいたら結構時間が過ぎてしまい、結局家には帰らずダイエーなどで買い物をした後に直接抽選会場に向かいました。

抽選会は16時40分頃から。今まで何度か参加するも今まで一度も当たったことは無かったのですが、先週は仕事で何かとツイていなかったので何かいいことも無いかなと思っていたらなんと特等(ディズニーランドペアチケット)に大当たり。最後の最後に思わぬ大きな収穫を得て、市川まつりの会場を後にして帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/05

京成電鉄展

芳澤ギャラリー入口今日は雨の中、市川にある芳澤ギャラリーにて開催されている「京成電鉄展」(写真)に出掛けてきました。
8月31日から10月14日までの割と長い期間の開催だったので、家の割と近所だしいつでも出掛けられるし……と思っていたら残り期間が1週間。来週は仕事で行けないかもしれなかったので、雨だけど手遅れ(?)にならないうちに足を運びました。

京成パンダロビーで出迎えていたのはやはり彼でした(写真)
マグネットなどのグッズの販売なども行われてました。

スタンプコーナー同じくロビーではスタンプコーナー(写真)も。

ギャラリーでは京成電鉄の歴史年表や資料、千葉国体開催時のチーバくんと京成パンダのコラボイラストや京成パンダのグッズ、さらには歴代車両のデザイン画や鉄道模型などの展示などが行われてました。

さらに奥では京成電鉄の車両が走るプラレールのコーナーやスカイライナーからの前方展望を収めたDVD上映などがあり、娘はプラレールへ、私はDVD上映に見入ってました(笑)。

なんだかんだで1時間半くらい展示物などを見て回った後、帰りがけにはお土産コーナーで京成電鉄の特集本や子供向けのシールブックを購入して帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP更新:函館本線(藤城線・渡島砂原ルート)

函館本線の普通列車函館本線のページを更新しました。

函館本線(藤城線・渡島砂原ルート)

函館本線の8字型に分かれている区間のもう一つ、通称「藤城線」(七飯-大沼)と渡島砂原のルートをご紹介。

藤城線は今は下りの特急列車や普通列車が走っている区間ですが、何せ北海道新幹線の新函館駅を避けて走る区間なので、新幹線開業後は貨物列車や夜行列車(残れば)しか走らなくなると思われます。昼間の景色が眺められるのは北海道新幹線が開業する前までかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »