« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014/10/27

市川のお風呂屋さん

朝日湯駅から家までの帰り道に、銭湯(写真)が1件あります。
この時代まで良く残っていたものだと思い、以前から気にはなっていました。

そして昨日の夜、一度は行ってみたいと思っていたこの銭湯へ夕食後に出かけてみることにしました。

入口の下足箱に靴を預けて中へ。入ってすぐの所に番台があり、その先で男女に別れています。
料金は大人430円。しかしこの日はたまたま風呂の日(26日)だったので、半額の210円で入ることが出来ました。全然意識してなかったけど今日にしたのは正解だったみたい。
番台では石鹸やシャンプーも売ってました。ということは備え付けのものは無いことが推測できるので、小さい石鹸を一つ買い求めて入りました。

中の脱衣所や浴室はやや小さめ。
もっとも利用者も3-4人くらいなので、それほど狭苦しさも感じず。
建物は年季が入っていますが、浴室の天井は高くて開放感があります。そして壁にはお約束の富士山。
お湯の温度は40度に設定されてましたが、結構熱くてあまり長時間は入っていられませんでした。2つある浴槽はどちらもバブル噴射付き。
お風呂上がりにはやはりコーヒー牛乳を買って飲みました。

アメニティ設備付きのいわゆる「スーパー銭湯」を除けば、純粋な銭湯にいったのは10年ぶりくらいかも。
久しぶりの銭湯を楽しんで帰宅の途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/26

プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピング市川市80周年記念行事の一つとして、「現代産業科学館」にてプロジェクションマッピングの上映があり、昨日の夜に出掛けてきました。

場所は京成鬼越駅もしくはJR本八幡駅より、いずれも歩いて15分ほど。コルトンプラザを越えていった先にあります。
夜の7時過ぎに着いたら長蛇の列が出来ており、Twitterでの公式発表では2時間待ちとかいう恐ろしい発表もあり引き返そうかとも思ったのですが、ひとまず並んでみたら列は結構すいすいと進み。結局30分くらいの待ち時間で会場入りする事が出来ました。

プロジェクションマッピング会場は科学館の建物の中ではなくその前。現代科学館の建物がスクリーンに(写真)

無数の歯車が回る機械内部の映像から始まって森の中や海、古代ローマ風の建物、謎のアーチ、ジグゾーパズルとなって崩れていく建物、宇宙など次々と風景が変わって最後に江戸川を下ってスカイツリー(そっちは東京だけどね)と富士山の風景が映し出されるまでおよそ8分間の上映でした。

見終わる頃には夜の8時を回っていたのですが、この時刻になると先ほどの長蛇の列が全く無くなってしまっていたので、結局写真を撮るためにもう1回見ました(笑)。

プロジェクションマッピングプロジェクションマッピングを楽しんだ後はお隣のコルトンプラザに足を運んでまだ営業していたレストランで夕食を取って帰宅しました。

プロジェクションマッピングは本日も夜6時半から8時半まで実施されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/24

ウェブサイト更新:信越本線

信越本線信越本線(直江津-新潟)のページを更新しました。

各駅停車の車窓から、直江津-新潟各駅を撮影した写真を追加しました。
新潟出張帰りの、軽い現実逃避旅行の成果物です。

ついでにトップページに載せているアクセスランキング10位も更新してみました。

アクセスランキング1位と言っても直近1ヶ月で1日平均3人くらい(笑)のアクセスなのですが、作った本人がすっかり忘れているページもコンスタントにアクセスされていることに軽い感動を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/20

ねもフェス

ねもフェスのポスター「市川まつり」の次のネタが再びお祭りネタです。
行われていた場所が違うとは言え、市川はお祭りが結構多いです。

去年行われていた記憶が無いので多分今年初めて実施されたのだと思いますが、「音楽」がテーマとなっているお祭りでした。この日近くの国府神社祭礼も行われていたので、それに併せての今日の開催だったと思われます。
ちなみに「ねもフェス」の名前は、この近辺の旧地名?の「根本」に由来しているようです。

家のすぐ近所での開催だったので、今日は午後から外の賑やかさに引き寄せられるように何度か家とお祭りの会場を行き来していました。
ムネから折角なので、昼食はお祭りに出ていたお店で買って食べました。
定番の焼きそばと、移動店舗で店を出していたむね肉から揚げ屋さん(写真)の出来たてのから揚げを1カップ購入。
から揚げ好きの娘に食べさせてあげたい一品でした。

民族楽器とパフォーマンス民族楽器(写真)に合わせた怪しいパフォーマンスなども。

路上ライブのSONONさん会場の一角では、路上ライブ(写真)も繰り広げられていました。会場の端過ぎるのがちょっと気の毒な感じもしましたが。双子ユニットのSONONさんが見事なハモリで熱唱中でした。

メインステージの湯来彗さんメインステージ(写真)ではプログラムに沿ってダンスやライブ、子供たち参加のイベントなどが行われていました。
写真はギター弾き語りの湯来彗さんのライブ。高音の伸びが魅力的な歌声で「アナと雪の女王」「となりのトトロ」を熱唱。

レンジャーの皆さんお祭りの会場にはこんなレンジャー(写真)も通り過ぎたりして。来月11月2日に彼らと江戸川のゴミ拾いをするイベントがあるそうです。

ようかい体操第一そして、どんな子供も取りつかれたように踊ってしまう「ようかい体操第一」(写真)もばっちりプログラムに盛り込まれていました。途中で終わりにしたら子供たちからブーイングが(笑)

夜の部ねもフェスにはさらに夜の部(写真)があって、会場をメインステージの近辺に凝縮させた上で夜8時近くまでギターの弾き語りやカントリー音楽、さらにはベリーダンスの披露などが繰り広げられていました。

この辺りでは7月にもちょっとしたお祭りがあったので、今回も同じような規模の祭りかと思っていたのですが力の入り具合が全然違っていました。来年もこのお祭りあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/05

市川まつり(涙)

本日は毎年恒例、市川まつりの開催日でした。

ここ2週間ばかり仕事や家庭内で踏んだり蹴ったりの日々が続いていたので、今日はお祭りのムードに浸ってリフレッシュしようと思っていました。
そしたら今日のお祭りも踏んだり蹴ったりの状況になってしまっていました。

雨天決行とはいえ本日の天候は大雨。しかも台風が近づきつつあり悪くなる一方で、主催者には気の毒だったとしか言いようがないというか。。

出店の無い沿道お祭りには午後になって買い物に行くついでに行ったのですが、京成電車に乗って市川真間駅に降り立つと、市川真間駅から市川駅に向かう通りは例年通り通行規制が行われて歩行者天国となっているものの、いつもならその道に軒を連ねている出店の類が全く見当たらないという状況を見かけました。そもそも人の数もいつものお祭りの時に比べて遠く及ばない状況。歩行者天国だけ実施されて、出店も無い道の真ん中を疎らな人が歩くというシュールな光景がそこには広がっていました。

例年であればここで時折パレードなどが行われるのですが、それらのプログラムも軒並み中止になってしまったようです。

出店がちょっとだけ出てるそれでもさらに先へと歩いてみると、雨風を凌げるテントを張った店や、建物の軒先を借りるようにして営業している出店がちらほらとあるのを見かけましたが、いかんせん人の数があまりにも少ない状況なので、とてもじゃないけどお祭りという雰囲気には程遠い状態でした。

時折スピーカーから流れるアナウンスでは、いつも実施されているスタンプラリーの参加者が非常に少なく抽選会で特賞が当たるチャンスが大きいですと宣伝をしていましたが、この大雨の中で子供を連れて夕方16時半過ぎの抽選会まで待っていられる状況ではなかったので、今年はスタンプラリーも参加せずに駅前で買い物を済ませてすぐに帰宅してしまいました。

雨天決行が裏目に出た感のある今年の市川まつり。来年はさすがに荒天時は中止とかにするのかな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »