« もうすぐ上野東京ライン | トップページ | ウェブサイト更新:成田線(千葉-銚子) »

2015/01/17

直管LEDランプ

玄関の照明に使っていた蛍光灯が点かなくなりました。

蛍光灯型LEDランプ入居前から備え付けられていたものだったので、寿命を迎えたのだろうと判断して交換することにしました。
交換にあたって以前から気になっていた直管蛍光灯型のLEDランプ(オーム電機 LDF20SS・D/11/10 [直管LEDランプ(20形相当) 昼光色])(写真)を買うことにしました。最初に電器店で見かけた時は1本5000円ととても買う気が起きなかったものでしたが、最近は2000円を切るくらいの値段に。それでもまだ普通の蛍光灯の倍以上はする値段です。
今や白熱電球はすっかりLEDランプに取って代わられ、室内灯もかなりLEDのシーリングライトがだいぶ幅を利かせている中にあって蛍光灯はまだまだ主流を占めており、蛍光灯型LEDランプの売り場はまだささやかなスペースといった感じです。蛍光灯と比べて、まだ値段の差ほど消費電力や寿命の点で魅力が感じられていないからでしょうか。

調光機能付きや自動点滅装置付きの照明には使えないなどの注意がありましたが、我が家の玄関は特にその条件にも引っかからず。
商品の中身はLEDランプの他、グロースターター取り付けるダミーのランプが入ってます。これらを通常の蛍光灯と同じくソケットに取り付ければ準備完了。
点灯させてみて初めて気が付くのですが、スターターがダミーなのでスイッチを入れるとすぐに点くのが魅力。特に寿命が近づいていた蛍光灯はスイッチを入れてからの時間が長かったので、取り替えてこの点灯の早さをより一層感じられるのでした。LEDは光が若干弱いという印象があったのですが、この蛍光灯型LEDランプに限ってはそれは感じませんでした。

消費電力は11.3Wとこれまでの蛍光灯よりも6.7Wほど少なめです。これであと蛍光灯の2倍くらいもってもらえると、価格差も吸収出来るのですけれどね。

|

« もうすぐ上野東京ライン | トップページ | ウェブサイト更新:成田線(千葉-銚子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20962/60985954

この記事へのトラックバック一覧です: 直管LEDランプ:

« もうすぐ上野東京ライン | トップページ | ウェブサイト更新:成田線(千葉-銚子) »