« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015/03/30

ウェブサイト更新:東京メトロ丸ノ内線(池袋-荻窪)

荻窪駅東京メトロ丸ノ内線(池袋-荻窪)のページを更新しました。

本郷三丁目、淡路町、銀座、霞ケ関、国会議事堂前、赤坂見附、新宿、中野坂上、荻窪(写真)各駅の写真を追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/29

桜昨日は東京都心に出掛けたついでに桜を見に靖国神社(写真)に寄り道してきました。

満開まではあと一息という感じですが、桜の木の下はすでに宴会モード前回の様相を呈していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/28

ウェブサイト更新:常磐線(品川・上野-水戸)

ひたち野うしく駅常磐線(品川・上野-水戸)のページを更新しました。

ひたち野うしく、土浦、友部の3駅の写真を追加しました、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/26

ウェブサイト更新:常磐線(水戸-いわき)

磯原駅常磐線(水戸-いわき)のページを更新しました。

磯原駅(写真)の写真を追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/23

ウェブサイト更新:常磐線(品川・上野-水戸)

東京駅常磐線(品川・上野-水戸)のページを更新しました。

上野東京ライン関連の写真を追加いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/22

ベビースターどでかいラーメン

ベビースターどでかいラーメン東京でも手に入るお菓子だとは思いますが、妻の実家でこんなお菓子(写真)を頂きました。おやつカンパニーのベビースタードデカイラーメンです。

袋の中身中身(写真)はこんな感じです。

昔のオーディオの背面に、こんなケーブルありませんでしたっけ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/21

ひたち号で上野東京ラインを行く。

本日妻の実家に帰省のため、初めて品川から特急ひたち号を利用しました。
折角なので品川から上野まで、ひたちから見た上野東京ラインの区間をご紹介します。

品川駅の番線案内。上野東京ラインや常磐線はこの案内だけだとどこから発車するのか良く分からない。

で、ひたち号は9番線からの発車でした。

品川を発車。品川-田町間は再開発に向けてまだまだ工事が継続中。

車両基地には夕方までお休み中の常磐線E231系の車両の姿が見えます。

品川発時点では空席が目立つ車内ですが、もうすぐ人が乗ってくるランプ(黄色)が付いています。

普通列車が停まる新橋もひたちは通過。

東京フォーラムの脇を抜けて、間もなく東京。

上野東京ラインを一番実感する「ただいま東京」の車内掲示板の案内。列車名もスーパーやフレッシュが取れてシンプルに「ひたち」になりました。

東京を発車。中央線の高架が山手線と同じ高さに降りて首都高の下をくぐると、今度は上野東京ラインが高度を上げて新幹線の上を通っていきます。

高架区間は割と短くて、秋葉原を通過する辺りではまた山手線と同じ高さに。

御徒町を通過。上野東京ライン開通後2回目の週末を迎えても、まだまだひたちギャラリーの数は多いです。

転線を始めると、間もなく上野駅。

上野駅は8番線到着でした。

上野駅を出て、窓際の席はすべて埋まり(青ランプ点灯)ました。

上野からはこれまで通りのひたち区間に入りますが、17番線地平ホームから高架ホームからの発車に移ったため、もうちょっとの間ひたちではお初の区間が続きます。

そして本日は、次の停車駅が梅満開の偕楽園でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/20

ひたち・ときわの特急料金

上野東京ライン開業から1週間。
明日ひたち号に乗って、妻の実家に帰省してきます。

ところで、今回のダイヤ改正でひたち号は指定席のみの列車となり、独自の料金設定や、チケットレスサービスなども始まりました。
トクだ値も10%引きの設定が健在です。ただ、以前存在した30%引きの設定は今は無し。今後復活するのかは定かではありませんが。

そうなると、各料金にどれだけの差があるのか、今までの特急料金とどれくらい金額が違うのかが気になるところです。
東京から磯原までの金額を比較してみました。


○東京(山手線内)-磯原

通常(事前料金)
 → 5,220円(うち、特急料金2,200円)
えきねっとチケットレスサービス
 → 5,120円(同 2,100)
えきねっとチケットレスサービスキャンペーン料金(6月末まで)
 → 4,920円(同 1,900)
トクだ値10%割引
 → 4,690円(運賃2,710 料金1,980)

ちなみに同じ距離でのこれまでの運賃・特急料金は
通常期運賃・A特急料金
 → 5,700円(うち特急料金 2,680円)
自由席の場合
 → 5,180円(同 2,160円)

こんな感じでした。

これまでの特急料金を比較すると、通常期の指定席と比べると480円ほど安くなり、自由席と比べると40円ほど高くなるようです。磯原に限って言えば、通常の料金は今までの自由席とほとんど同じくらいの設定になっているようで。

ただし磯原まではA特急料金なので、勝田までのB特急料金だと金額差がまたちょっと違ってくると思います。
また、この通常の特急料金は乗車前に購入すると適用される「事前料金」で見ています。乗車後に特急料金を払う「車内料金」だと、この金額に260円が追加されます。

そして割引料金の方を見ると、キャンペーン中のチケットレスサービス料金をもってしてもやはりトクだ値の10%割引料金のほうが安いですね。切符発券後の変更が出来ないこと(発券前なら1回可能)、乗車券とのセット販売であること、列車に乗り遅れると無効という制約があるだけに安くなるのは当然かもしれません。
そんなわけで、今回もまたトクだ値を利用することにしました。

ただ、どうせならこのトクだ値にもチケットレスの設定があればうれしいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/18

ウェブサイト更新:東海道本線(東京-熱海)

新橋東海道本線(東京-熱海)のページを更新しました。

上野東京ライン関連の写真と、少し前になりますが湘南ライナーに乗って藤沢まで行った時の写真を追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/15

ウェブサイト更新:上野東京ライン

秋葉原付近上野東京ラインのページを更新しました。

昨日に引き続き、上野から東京までの区間の展望写真を追加しました。しばらく上野東京ラインネタを引っ張ると思います(^^;)

前方展望とはいえ、昨日は先頭車両はどれも大混雑だったので、東京から上野へと向かう列車の一番後ろの車両から撮影しました。多分今日だと余裕で先頭車両からの撮影が出来そうですが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/14

今日の上野東京ライン

枚数がちょっと多いけど、今日の上野東京ラインの様子をまとめてみました。

ダイヤ改正だけど今日は出かけられなかったり、「かがやき」方面を選択したりしたけど上野東京ラインも気になる鉄ちゃんな方はどうぞご覧ください。

今日は松戸からスタートしました。品川行きは列車は路線名が「上野東京ライン」になります。

上野東京ライン開業の陰で…… 松戸駅停車特急終了のお知らせ。

茨城県も上野東京ラインの開業に期待しています。

松戸駅で行われていたセレモニー

ついに品川行き登場!

先頭車両だけえらい混雑(笑)

いよいよ上野出発。

秋葉原通過中。

新幹線の隣に………常磐線が東京に到着。

そして品川終着

東海道線、東京行き全滅のお知らせ(笑)。にしてもこの時間は上野行きが多いね。

東京の次の駅に上野が登場。そして張り紙で隠されたあやめ号(涙)

再び東京から上野に移動中。ちなみに先頭車両はごった返しているので、一番後ろからの眺めです。

この急勾配はすごいよね。

御徒町あたりを通過中。

湘南新宿ラインでも見たようなカラーリング

千葉県に向かう青い電車同士が品川駅で初顔合わせ。

品川駅にひたち号登場。

品川駅9,10番線は常磐線の世界。

常磐線E231系が止まっているけど、松戸電車区じゃありません。

ひたちと踊り子の初顔合わせ

上野駅17番線。特急ひたち・ときわはしばらく来ません。

上野駅17番線は中間改札口も無くなりました。。

くどいようですが、ここは上野駅です。

再び東京駅。こっちのホームもすごいけど、新幹線ホームのかがやきチームはもっとすごい(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェブサイト更新:上野東京ライン・常磐線

常磐線今朝方から上野東京ラインに出向いて写真撮影にいそしんでおります。
まだ写真の一部ですが、早速上野東京ライン常磐線のページを更新いたしました。

上野東京ライン今日は各駅ともホームは大賑わいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/13

さよならあやめ号

あやめ号ヘッドマークダイヤ改正を明日に控え、本日でお別れになる列車が日本各地でラストランを迎えました。

房総地区の特急あやめ号(写真)もその一つ。遡れば1975年の登場以来、東京から鹿島神宮を走る特急列車として登場し、一時は「日本で一番短い区間を走る特急列車」と呼ばれたこともありました。
その後はすっかり東関東自動車道やその高速道路を走るバスにお客を取られてしまい、近年になって「すいごう」を吸収する形で2往復体制になったものの、「成田線の通勤特急」としての体をなしていたような感じがします。

特急あやめ号
東京地下ホームで最後の出発を待つあやめ号(写真)。多分北斗星よりははるかに少ないと思いますが、それでも結構な数のギャラリーがいました。

電光掲示板
発車案内の電光掲示板(写真)も最後のごあいさつ。21時45分に定刻通りに東京駅を出発していきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/11

ウェブサイト更新:関東鉄道竜ヶ崎線

関東鉄道竜ヶ崎線関東鉄道竜ヶ崎線のページを追加しました。

常磐線佐貫駅から延びる、路線長4.5キロのミニ路線。同じ関東鉄道でも常総線と違い、特に思い入れはありません(笑)
今から14年ほど前に、帰省ついでに寄り道しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/08

品川ひたちと「つながーるふくしま」

娘の幼稚園の春休みに合わせて、妻子が実家に帰省します。
私も今回はその送り迎えに合わせて常磐線を2往復ほどしてくる予定。先日その指定券をネット予約と窓口購入してきました。

まずはダイヤ改正1週間後の帰省となる日はいつも通り特急ひたち号を利用。
多分今後は東京からの利用になると思いますが、今回は品川から乗ってみます。ひたち号はダイヤ改正からはえきねっとの「トクだ値」に加えてチケットレスサービス割引が加わるのですが、比較したところチケットレスサービスキャンペーンの300円割引をもってしても結局「トクだ値」の方が安いようです。乗車変更の制約が一番大きいので当たり前といえば当たり前ですが、従来の切符発券なんですね。どうせならこの券もチケットレス対応にしてくれればいいのに。

そして4月に入ってからの実家からの帰りですが、時刻表見ていたらちょうどその日に「つながーるふくしま」号というお座敷列車が走ることになっていたので、ふくしまの列車を茨城から(笑)利用することにしました。
ところがこの列車、ツイッターではつぶやきましたが指定券発売日当日に「使用車両の調整が入った」という理由で券が買えなかったといういわくつきの列車で、その調整が付いたのか昨日ようやく買うことが出来ました。ネットでは「ゆう」の車両を使用するとの記事がありましたが、調整が入った以上、この車両を使うのかは謎です。みどりの窓口で確認しても「お座敷列車を利用」以外の情報は入っていないみたいだし、一応切符は「普通列車グリーン券」となっていはいるのですが。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/03/06

もうすぐ上野東京ライン

3月14日のJRダイヤ改正まであと1週間。上野東京ラインの開業を控えた品川と東京駅の様子を、仕事で外出したついでに見てきました。

品川駅の電光掲示板品川駅も他の駅と同様、東海道線にフルカラーの発車案内版(写真)が登場。東京方面は今のところ東京行きだけですが、1週間後には様々な行先の列車が並ぶんですね。

ホーム案内ホーム案内(写真)はどこも「東海道線」のところにシールが貼られてます。

8番線こちらもべったりシールが貼られた8番線のホーム案内(写真)。常磐線の特急はこの隣の9番線から発車するようです。

東京駅の駅名板そして東京駅。駅名板(写真)は既に取り替えられたようですね。多分シールの下には上野がいるはず。

7番線と8番線東京駅7、8番線は14日以降は上野東京ラインの列車が主体になるため、ホーム案内(写真)の大半の部分が白いテープで隠されています。

スーパービュー踊り子の試運転今日は何か試運転列車があるのかなと思ったら、まさかのスーパービュー踊り子(写真)の車両が現れました。

路線案内あっ、フライング(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/04

ウェブサイト更新:関東鉄道常総線

関東鉄道常総線関東鉄道常総線のページを追加しました。

今から10年ほど前の2004年、この路線を最後に「日本の鉄道完乗」を果たした方を祝うイベントに参加した時に撮った写真を中心に編集しましたが、自分自身にとっては小学生の時に初めて一人旅で乗ったという思い出深い路線であります。

私の家は父も母も下町の生まれだったので長距離を移動して実家に帰省するということがなく、同い年の子もいる遠い遠い親戚を訪ねて遊びに行くというのが夏休みの一大イベントでした(それでも関東地方を脱出できなかったのですが)。その目的地が常総線の大半を移動して到着する大宝駅。当時は駅舎あり切符も買えた駅でした。今となっては駅舎が健在だった時に写真を残しておかなかったのがちょっと悔やまれます。

最初は常磐線を北上して取手から常総線に乗り換えるというルートを利用していたのですが、小学校6年だか中学くらいになって小山から水戸線経由で下館より常総線を利用するルートも開拓しています。そういう意味では初めて全線完乗した路線かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »