2013/10/27

旅と鉄道

旅と鉄道数年ぶりに「旅と鉄道」(写真)を買ってきました。定期号ではなく増刊号のようですが。

学生から社会人になって数年までの間は定期購読し読者投稿まで行ったこともある同誌ですが、いつの間にか買わなくなってしまい雑誌自体も一度休刊になってしまったようでした。その同誌を特集に引かれて久しぶりに購入してきました。

種村直樹氏の「鉄道旅行術」と旅と鉄道誌に連載されていたコーナーを単行本化した「汽車旅相談室」の2つの本は、私が鉄道旅行を始めたきっかけを造った本です。もともと家庭環境のため(笑)鉄道は小さい頃から好きでしたが、その鉄道を「乗り歩く」というスタイルの旅行がある(そういう旅行をしている人たちがいる)という事を知ったのが「汽車旅相談室」という本でした。とは言え当時中学3年生の受験生だった身ですぐには実践も出来ず、晴れて高校生になってから高校生になってから身近な路線からの鉄道乗りつぶしや旅行を始めたのでした。

鉄道旅行術と汽車旅相談室中学・高校生当時に買った本は、今はでほとんど捨ててしまっていたり実家に置き去りにしたままですが、「鉄道旅行術」「汽車旅相談室」の本(写真)は今でもちゃんとこんな感じで手元に置いてあります。あまり保存状態はよろしくありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/19

かわいい交通キャラクター

かわいい交通キャラクター本屋で探しても見つけられなかったので、珍しくAmazonで買ってしまいました。

かわいい交通キャラクター―日本全国鉄道とバスのかわいいキャラが大集合! (COSMIC MOOK)(Amazonへのリンクです)

タイトルの通り、ICカード、鉄道、バスの総勢345キャラクターが勢揃いした本です。
トップバッターはやっぱりSuicaのペンギン

鉄道バス車両や動物をモチーフにしたキャラクターが多い中、46-47・72-73ページあたりでは何か違う世界に迷い込めます(笑)。旅先で見かけたキャラクターも所々でお目にかかれ、ごめんなはり線のキャラクターは60-61ページに勢揃いしていて、ちょっと感動ものでした。

われらが(?)京成パンダは32ページに登場します。さらに京成トランジットバスのキャラクターでもあるので、バスの85ページにも再登場。2回出てくるのはこいつだけか?


ちなみに誕生日の設定がされているキャラクターも多いので、自分と同じ誕生日のキャラクターを探してみましたが、全滅でした(^^;)。
娘と同じ誕生日は、沿岸バスに一人発見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)